《投資のしかた》本サイト管理者の資産形成状況 2019年11月(現金化可能資産1700万円到達)

資産運用

現金化可能資産は間もなく1,700万円

自己資産についてはマネーフォワードを利用して細かく管理しています。

この中で、11月末時点のすぐに現金化が可能な資産の合計が16,921,146円となりました。

預金・現金・仮想通貨

単純な現金が13,223,926円あります。

グラフに載っていませんが、増税決定時に利益確定売りをしたことで一気に現金比率が上昇しました。

全体的に高値で値上がりしていたため利確しましたが、バイ・アンド・ホールドの原則を忘れて目先の利益に目が眩んだことを後悔していましたが、結果オーライです。

1千万円くらいは徐々に再投資をしていく計画です。(残り300万円を臨時の生活費に充てる予定です。)

別の記事で説明を予定していますが、来年5~7月あたりから今回の増税の影響により株価の下降トレンドになっていくのではと予想しています。

そのため、不要不急の脊髄反射的な株式購入はしないようにし、毎月5~10万円を決まったETFかリート証券の機械的な購入にあてていく方針です。

株式(国内・海外)

株式は2,429,009円の評価額を受けています。

全体で見ると15万円前後の含み益になっていますが、株式資産についてはボラティリティが大きいため日々の株価はほとんど気にしていない状態です。

詳細はポートフォリオを定期的にご紹介していますので、そちらをご覧ください。

404 NOT FOUND | investfrom30.com
暮らし・お金・仕事をサポートするサイト
スポンサーリンク

保険

貯蓄性の高い養老保険は1,189,080円となっています。

毎月1万2000円ほど積み立てているものです。

ポイント

ポイントは知らないうちに79,131円となっています。

管理人よりひとこと

現在30代前半で既婚子供1人という状況ですが、コンスタントな投資と生活のリバランスによって、人並み以上に資産形成が順調に進んでいる印象です。

嫁は専業主婦です。私は同年代に比べると年収は高めですが、世帯年収でいうとかなり普通クラスです。

特に厳しい節約をしている訳ではありませんが、知らぬ間に資産が増えている状態です。

この環境をコツコツ無理せずやっていけば、投資資産の増加によって、加速度的に総資産が増えていくことでしょう。

マンション売却を検討中

5年前に購入した駅前新築マンションの売却を考えています。

駅徒歩1分 90㎡ 3,000万円 の小型マンションです。

最寄り駅から2駅向こうの終点エリアが栄えたことで、それにつられて私のマンションも値上がりしています。

キャリアアップとダウンサイジングを考えると所有し続けることのメリットが感じられなくなっています。

売却資金からローンと手数料を引くと1,600~1,800万円ほど残るため、それを原資に配当を得て賃貸に住み替えることを検討しています。

コメント