新型コロナウイルス(COVID-19) 感染予防で大切なのは「換気」「手洗い」「アルコール消毒」そして「神経質にならない」

新型コロナウイルス感染対策で重要なことは換気・手洗い・アルコール消毒・神経質にならないこと病気の予防

コロナウイルスの感染対策で最も大切な方法を知りたい方向けです。

この記事では「感染症対策の権威」でSARSの流行を未然に防いだ根路銘先生の提言やその他の有益な情報を紹介していきます。

 

結論:「換気」「手洗いうがい」「アルコール消毒」が大切

そしてニュース報道など見て「神経質になりすぎない」

マスクはオプション

 

新型コロナウイルスの感染予防で大切なのは「換気」「手洗い」「アルコール消毒」「神経質にならない」

SARSの教訓が生かされるかも

 

2003年に世界を騒がせた「重症急性呼吸器症候群」(SARS: severe acute respiratory syndrome)から新型コロナウイルスへの対処方法を分かってきます。

 

換気が有効

 

新型コロナウイルスについて山根 一眞さんのこちらの記事が非常に参考になります。

感染を心配されている方は読まれることおすすめします。

コロナ「感染拡大のおそれはとても小さい」大御所がパニックを叱る!(山根 一眞)
「新型コロナウイルスが本当に人々が恐れているような強い感染力を持っていれば、世界ですでに数百万人が肺炎で亡くなっていておかしくない」 ――私たちは根本から誤解していたのではないか?

 

かなり簡単にまとめます。

ベトナムにおいて、同じコロナウイルスである「SARS」の蔓延を未然に防いだことで有名な根路銘先生が「換気」を推奨しています。

 

ウイルスは空気中を1メートル浮遊する間に「死滅」するそうです。

そのため「換気」することが非常に重要になってきます。

 

人混みは「感染の爆心地」

 

その意味では電車やエレベーターなどの「風通しの悪い人混み」は感染のリスクが上がるように思います。

 

なかなか現実的ではありませんが、通勤に電車を使用せず「バイクや自動車」で移動するのが良さそうです。

難しい場合は「混雑時間を避ける」という方法が良いかもしれません。

 

他人との距離を1メートルくらい確保しておくと「十分な感染対策」になりそうですので、エレベーターではなく階段の利用が良いかもしれません。

 

こまめに手洗いと消毒

手洗いはかなり有効

感染症内科の医師に話を聞くとインフルエンザに対しては「石鹸を使用した手洗い」がとても有効だそうです。

石鹸に含まれる「界面活性剤」がウイルスの皮膜を溶かす作用をするとのことです。

 

アルコールだと一撃

石鹸よりも効果的なのが「アルコールによる手指消毒」みたいです。

ウイルスに対して「殺菌作用」のあるアルコールが手のひら全体に行き渡るため、より高い感染対策ができると言われています。

スポンサーリンク

 

その他の情報

今までまとめてコロナウイルス関連の記事を掲載しておきます。

 

 

 

 

普通のインフルエンザの方が猛威を振るってる

新型コロナウイルスがセンシティブに報道されているのですが、医師の多くは「インフルエンザと同等」という感じで捉えられています。

 

Mr.slave
Mr.slave

先生!コロナが心配です…

内科
内科

は?インフルエンザの患者の処置の方が大変だわ!

 

実際に内科系医師に話をすると「インフルエンザ」の方が患者数が多くて困っているという声を聞きます。

というのも、2月に入って「インフルエンザ」で外来受診した患者は全国で30万人以上います。

 

定点医療機関からの報告をもとに、定点以外を含む全国の医療機関をこの 1 週間に受診した患者数を推計すると約31.5 万人(95%信頼区間 29.4~33.6 万人)となり、前週の推計値(約 49.6 万人)より減少した。年齢別では、0~4歳が約 3.8 万人、5~9 歳が約 9.0 万人、10~14 歳が約 6.0 万人、15~19 歳が約 1.8 万人、20 代が約 1.5 万人、30 代が約 2.6 万人、40 代が約 2.9 万人、50 代が約 1.6 万人、60 代が約 1.1 万人、70 代以上が約 1.2 万人となっている。また、2019 年第 36 週以降これまでの累積の推計受診者数は約 648.9 万人となった。

https://www.mhlw.go.jp/content/000595559.pdf

 

それに比べて、新型コロナウイルスの罹患患者は200人前後とされていますから、今のところ「パンデミック」ではなさそうです。

 

武漢で死者が多い理由

「インフルで人は死なないでしょ?」とか「コロナウイルスで人が死にまくってるじゃん!コロナはヤバイ!」という声が聞こえてきそうですので、この辺りも医師に話を聞いてきました。

 武漢の死者数について

日本人医師の多くが、中国武漢でのコロナウイルスによる死者数が突飛に多いのは「完全に医療崩壊」が原因と考えているようです。

 

インフルエンザ の死者数

厚生労働省のホームページに記載がありましたので引用します。

通常の季節性インフルエンザでは、感染者数と死亡者数はどのくらいですか。

例年のインフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人いると言われています。

国内の2000年以降の死因別死亡者数では、年間でインフルエンザによる死亡数は214(2001年)~1818(2005年)人です。

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html

 

日本国内の新型コロナウイルスの死者数は、この記事を書いている2020年2月18日時点で女性がひとりです。

 

新型コロナウイルスに対して「ワクチン」が無いことは不安材料でありますが、毎年このウイルス以上の脅威に晒されていると思うと「世間全体が過剰反応気味」なようにも思います。

 

コメント