普段の買い物で「消費税を節税」して日用品を買う方法を解説します【8%→10%】

消費税を払わない方法節税

消費税が高すぎるので出来るだけ「払いたくない」という方向けです。

この記事ではインターネットを使用して「消費税」を合法的に払わないための生活の知恵を解説していきます。

 

普段の買い物で「消費税を節税」して日用品を買う方法を解説します【8%→10%】

インターネット経由の買い物はお得がたくさん

 

普段しているスーパーマーケットでの買い物を「インターネット」や「スマホ」を経由することで消費税を回避できる可能性があります。

すべての買い物のネット済ませるのは現実的ではないですが、可能な範囲で「ネット購入」や「スマホ決済」をして日用品にかかる消費税を浮かせましょう。

 

【消費税が免除される】

実質、値引きが10%されるということを意味しています。

 

必要なモノ

消費税を回避するのに必要なモノは「スマートフォン」だけです。

誰でも簡単に挑戦することができるのでおすすめです。

 

必要なものはスマートフォンだけ

 

消費税を実質「回避」する方法

スマホやインターネットを経由して節税する方法を「簡単な順番」に解説していきます。

 

ネット通販を利用する

これは有名ですがネット通販の「総合ショッピングサイト」を利用すると実質上の節税に繋がることがあります。

厳密と言うと、消費税が既に商品価格に含まれている「内税」を採用しているサイトがほとんどです。

 

出店者からすると「消費税を含んだ出品価格」で他社と競合する必要があります。

購入者からすると「後から消費税を払わなくて済む」ことや「実店舗より値引き率が良い」といったメリットを受けることができます。

つまり、企業側が内税システムの上で価格競争することによって、本来は購入者が払う消費税を「ある意味で」負担していることがあるのです。

 

内税システムを採用している総合通販サイトには以下のようなものがあります。

 

私は「店舗で商品を見る」→スマホで「通販サイトの価格をチェック」という感じで利用します。

通販サイトが安ければ、その場でポチります。

 

Amazon.com

日本最大級のショッピングサイト

実店舗で購入するよりなんだかんだ安いです。

洗剤や飲料など重い商品が「送料無料」であることが多いので助かります。

 

楽天市場

楽天といえばポイントがどんどん貯まりますね。

ポイントを加味するとAmazonより「最安値」で買えることがあるので価格チェックすることをおすすめします。

 

Yahoo ショッピング

Tポイントを使った買い物と相性が良いのがこのサイトの特徴です。

 

電子決済の割引を活用する

キャンペーンを利用する

ペイペイ・LINEPay・メルペイ・楽天ペイなど多くの企業がスマホ決済サービスを展開しています。

常にどこかの企業が「キャッシュバック」キャンペーンをやっている状態です。

外で買い物をする時には「電子決済」を駆使することで「消費税相当」の割引を受けられることがあります。

 

キャッシュレス還元で「2%」割引される

これは2020年6月までですが、電子決済をすると2%の「軽減税率」が適用されます。

 

「企業のキャンペーン」と「キャッシュレス還元」をうまく組み合わせると実質上の「消費税0%」も意外と簡単に狙えます。

 

オークションやフリマ「アプリ」を活用する

個人間取引ではある一定金額までは「消費税の納税義務」がありません。

オークションやフリマアプリでは食料品から生活雑貨までなんでも相場より安く買うことができます

 

デメリットは「欲しい時にすぐに入手できない」ということです。

出品者の評価制度や保証制度も充実してきているため、購入者としてはより安全に利用できるようになっています。

 

代表的な個人間取引を提供するサイトを紹介しておきます。

Yahoo オークション

日本最大級のオークションサイト

1円スタートのオークションですと真の意味での最安値を狙えたりします。

 

メルカリ

日本最大級のフリマサイト

値引き交渉などもできるので納得した金額で購入できたりします。

 

海外から輸入する

上級者向きですが、私は結構この方法で節税しています。

Aliexpress

このサイトは中国の総合ショッピングサイトです。

消費税もかかりませんし、「送料無料」の商品がほとんどです。

 

中国と聞いて「品質」を心配される方も多いでしょうが、意外としっかりしています。

今までに私が購入した商品を例に挙げておきますね。

 

これまでに個人輸入したモノ
  • MacBookPro用プロテクトケース
  • マルチUSBポート
  • Apple Watch用バンド
  • iPhone用ケース
  • ワイヤレスイヤホン
  • ネクタイ
  • ビジネスシューズ
  • 子供のおもちゃ
  • LEDランプ
  • 遮光カーテン
  • シャワーヘッド

ご覧のように「売っていないものがない」のがAliexpressの良いところです。 

 

デメリット

  • 商品の到着までに2〜3週間かかる
  • なんとなく思っていた商品と違うことがある
  • 返品と交換が面倒
  • 取引が英語か中国語(たまに日本語も可能)
  • ブランド品は基本的に偽物(値段が明らかに安いので分かります)

  

このあたりを理解して利用する分には「予想以上に満足度が高い」と感じています。

 

 

スマホを活用して消費税の節税を!

このように工夫することで消費税を(実質)払わずに済むことができるようになります。

たった10%かもですが、積み重なると「財布へのダメージ」が結構ありますよ。

 

ご紹介した方法はどれも合法ですので、「脱税」「違法行為」でありませんから正々堂々やって大丈夫です!

上手に活用していきましょう。

コメント