《投資のしかた》NHKから国民を守る党の資金集め 出資法違反の可能性は

《投資のしかた》NHKから国民を守る党の資金集め 出資法違反の可能性は投資のしかた

先日、記事にしたNHKから国民を守る党への融資に関して続報記事を記載します。

この4億円を超える資金集めに関しては公職選挙法や出資法に違反する行為ではないかというネット記事が散見されているようです。

今回、特に話題になっている出資法違反の可能性について私見を述べていきます。

 

N国党の資金集めは出資法違反??

素人意見でありますが出資法の適法内ではないかと考えます。

出資法違反については下記リンクの東京中央法務オフィス様のサイトが非常に分かりやすいです。

それによると、最も問題視されている預り金の定義に該当しないのではないかと思われます。

今回、わたしが振込む予定の200万円については、預金、貯金または定期預金を目的としたものではありません

預り金

正規に認可を受けた金融機関以外が、不特定かつ多数の者から、預金、貯金又は定期積金の受入れをすることの禁止 (参照:東京中央法務オフィス様)

http://www.xn--4rra073xdrq.com/shusshihou.html

 

“出資”ではなく融資ではないのでしょうか?

そもそも、今回の資金集めについて出資法違反に抵触するかどうかは違う土俵にあるのではないでしょうか。

立花孝志党首は明確にしていないと思いますが、今回の資金集めが出資にあたるのか、それとも融資にあたるのかが議論の分かれ目になるはずです。

まずは、出資と融資の違いを理解しておいた方が良いでしょう。

出資とは

出資(しゅっし)とは、広義には、対象となる団体に財産を提供すること、狭義には、株式、持分等の地位を取得する形で財産を提供すること、又は一定の団体についてはそれによって得られる株式又は持分類似の地位を指す。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E8%B3%87

お金を株券などの金融証券と交換することを意味しており、被提供者からすると借金でないため利息が発生しないものが出資

 

融資とは

融資(ゆうし)とは、お金を必要とする者に貸し、資金を融通すること

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9E%8D%E8%B3%87

お金を金融証券などを挟まず直接貸すことを意味しており、代わりに被提供者は融資者に利息を払うものが融資

私はこのような解釈で出資と融資を別けています。

私は英語の勉強をかなりしてきたので、それぞれ以下のように訳されることが多いと知っていました。

融資=loan=貸付

出資=investment=投資

スポンサーリンク

 

立花孝志党首が提示した条件

それでは今回の資金集めは出資と融資のどちらにあたるのでしょうか。

立花党首が提示した条件を見てみましょう。

条件

 

  1. 1口100万円(一人最大5口)
  2. 利息は初年度10% 次年度以降は5%
  3. 元金の返済は融資者からの依頼または満了時

これを融資スキームに当てはめてみると…

融資のスキームに当てはめて考えてみる

 

  1. お金を金融証券などを挟まず直接NHKから国民を守る党に貸す
  2. 同党は融資者に年率10%または5%の利息を支払う
  3. 被提供者からすると借金であるため返済義務があり、返済条件は融資者からの依頼または満了時となっている

専門家ではないので何とも言えませんが、やはり融資扱いになるのではないかと考えます

そのため、出資法違反によって融資計画が頓挫する可能性は低いのではないでしょうか。

 

ちなみに、出資も融資も投資にあたります

投資をする際には、リスクを許容できるかどうかが非常に重要です。

投資案件としては非常に美味しい内容ですが、リスクも存在します。

最悪の事態を考えて投資するべきだと思いますので、デフォルトになるシナリオと可能性を執筆中であります。

今回の融資案件についても徹底的に調べておりますので、続報をお待ち頂ければと思います。

サイトロゴ
Mr.slave
次回はデフォルトリスクについて説明します!

 

コメント