コロナウイルスやインフルエンザの感染対策にストックしておきたい「おすすめ」のグッズ一覧

コロナウイルスにおすすめの感染対策グッズ病気の予防

ウイルスの感染対策に「医学的にも有効」なモノが何か知りたい方向けです。

この記事では感染症の流行期に「個人」で準備しておくと便利な感染対策グッズを紹介していきます。

 

コロナウイルスやインフルエンザの感染対策にストックしておきたい「おすすめ」のグッズ一覧

世界中で品薄!次のパンデミックに備えよう

大流行しているコロナウイルス、世界規模で感染が拡大すると「感染対策グッズ」が売り切れ・品薄になるということがわかりました。

ウイルス感染については、今後も定期的に発生する問題です。

今回のように「ワクチン」がないという状況になれば、また「マスクが買えない」という状況になってしまうことが簡単に想像できます。

 

この記事では個人でストックしておきたい感染対策グッズを必要レベルに応じて紹介していきます。

 

買っておいた方が良いモノ

PM2.5対応マスク

マスクは誰でも安くて簡単に使用できる感染対策用の商品です。

ウイルス対策には繊維の隙間が普通のマスクより小さい「PM2.5対応マスク」がおすすめです。

 

ただ、マスクはあくまでも「飛沫感染の防止」が目的なのでダイソーで売っているような「定義が曖昧」なマスクでも大丈夫です。

 

安くて枚数も多いのでおすすめ!

 

ウイルスの粒子径は電子顕微鏡でなければ見えないくらい小さいので、「マスクで防ぐ」となると医療用マスクという本格的なモノが必要になってきます。

ドラッグストアで買える「PM2.5対応マスク」はなんだかすごく良さそうに見えますが、ウイルスはPM2.5の200倍小さいです。

マスクで完全に防ごうという考えがそもそも間違っています。 

 

本格的なマスクがなくても感染を防ぐ方法はいくつかあるので、興味がある方はこちらの記事が参考になります。

 

 

医療用マスク(ここまでは普通いらない)

どうしても本格的に感染対策したいというなら「結核病棟」で使用することが多い「N95マスク」を使用しましょう。

ただ、ここまで必要かと言われると神経質過ぎる感じもします。

 

本格的な感染対策マスク(ここまでいらない)

 

携帯用アルコール

一般的なウイルスは「エタノール」で消毒・殺菌できると医学的にも分かっています。

しかも、感染経路で飛沫感染と同じくらい「手指感染」が多いのでこまめにアルコール消毒すると効果が高いです。

 

外出する時には携帯用のアルコール消毒液をカバンに入れておきましょう。

 

手荒れしにくいのでおすすめです!

 

携帯用クレベリン

クレベリンの主成分である次亜塩素酸はウイルスの殺菌に効果が高いです。

医療施設でも実際に器具の殺菌消毒に次亜塩素酸系の薬剤が使用されることがあります。

 

この携帯用クレベリンがどこまで効果があるかは不明ですが、周辺のウイルスを殺菌してくれるのは間違いないと思われます。

 

ペンタイプで携帯におすすめ!

 

加温機能付き加湿器

気道の繊毛運動と呼ばれるウイルス除去機能を活性化させるために「加温機能」が付いている加湿器を使用すると良いです。

暖房を付けて部屋を温めて使うと効果が上がります。

 

加温もできて安いのでおすすめ!

 

心配なら買っておいた方が良いモノ

ここからは「絶対おすすめ」という訳ではないですが、心配なのでもう一歩上の感染対策をしたい方向けです。

 

消毒スプレー

外出先から帰宅した後に、家族への感染が心配という場合には衣服に噴霧できる消毒剤があります。

これも次亜塩素酸系の成分が含まれているクレベリンをおすすめします。

 

効果が高く簡単に使えるのでおすすめ!

 

部屋用の消毒剤(クレベリン)

空間を限定して消毒作用を得ることができる「部屋用」のクレベリンはもしかすると携帯用より効果が高いかもしれません。

家族がいる方なら、他の家族が外から菌が持ち込む可能性もあるので置いておくと安心かもです。

 

 

以上が感染対策におすすめしたいグッズです。

品薄で「価格が高騰」することが分かりましたので「買える時に」しっかりストックしておくことをおすすめします。

 

当サイトでは「個人できる」感染対策の記事も投稿していますので、ご興味があればご覧ください。

 

コメント