支出 日常生活 生活のしかた 節約

《生活のしかた》お金がないと嘆く貧乏社畜サラリーマンに読んでほしい平日のお金のやり繰り(昼食編)

昼食代をリバランス支出

社畜サラリーマンは昼食をスーパーマーケットで済ませれば、そこそこお金が浮くはなし

はじめに

当ブロクでは社畜サラリーマンがかしこく生きていくノウハウをお伝えしておりますが、その行き着く先は搾取される側(=社畜)から卒業し、自らも搾取する側(=投資家)になり、セミ・ファイナンシャル・インディペンデンス(准経済的独立)を勝ち取るところにあります。

しかし、いざ社畜サラリーマンが投資を開始しようと一念発起しても、最初に姿を現す問題は投資するまとまった資金がないということです。

一方で、多くの資産形成や投資方法を説明する参考書には下記のような投資の鉄則が記載されています。

投資のゴールデンルール

  • 可能な限り若年期に投資を開始する
  • 可能な限り投資額を増やす
  • 得られるリターンも再投資する
  • その投資を継続する

高年収者や独身者であれば、このゴールデンルールに則って投資を開始することは容易いことでありますが、低~中年収者、既婚者、その他個々の事情を抱える方などは、投資活動を開始する前から大きな障壁が立ちはだかることになるのです。

この問題を解決する方法は下記のようなものが考えられます。

投資資金を増やす方法

  1. より年収の高い仕事に転職する
  2. 無駄な出費の洗い出し
  3. 必要経費の節約

①に関しては私が日系企業から外資系企業に転職して年収もアップした内容などまとめた【働きかた】カテゴリーが参考になると思います。ご興味があれば読んでみて下さいね。

【働きかた】カテゴリーに移動

②と③は似ているようで異なるものです。②の無駄な出費とは例えばスマホゲームの課金、ギャンブルなどの娯楽費やタバコやアルコールなど嗜好品のことです。③の必要経費とは携帯電話の通信費や衣食住にかかる生活費のことをここでは意味しています。

今回、取り上げるのは③の必要経費である『社畜サラリーマンの昼食』です。

※もしも、弁当派(自炊派)という社畜の皆様がこの記事を読んでいるなら、すでに昼食代のリバランスは済んでいるに等しいです。この記事は時間の無駄になりますので、戻るボタンを押すことをおすすめします。

 

昼食代を浮かせて投資資金を少しでも増やそう

私の(どうでもいい)昼食事情

私は医療機器営業マンとして日々医療施設を訪問する仕事をしております。

ホームオフィス型の直行直帰タイプの就業システムを採用しておりますため、基本的に昼食は外で買う(外食)か弁当を持ってくる(自炊)となります。

可能な限り弁当を持参するようにしているのですが、夏場は食中毒が気になりますし、冬場は温かいものが食べたいので、弁当の出番というのは1年を通して2~3ヶ月くらいです。(年中社用車の中で過ごすのは結構過酷なものですよ汗)

 

皆の昼食代平均

マイナビウーマンの記事に下記のような男女25~35歳の昼食代平均額が載っていました。

●男性のランチ代ランキング
1位 300円以上~500円未満 30.5%
2位 500円以上~700円未満 19.7%
3位 700円以上~1,000円未満 18.7%
4位 100円未満 14.8%
5位 100円以上~300円未満 10.3%
※第6位以下省略
平均値……386円

●女性のランチ代ランキング
1位 300円以上~500円未満 28.1%
2位 100円未満 19.7%
3位 500円以上~700円未満 17.2%
4位 700円以上~1,000円未満 13.3%
同率4位 100円以上~300円未満 13.3%
※第6位以下省略
平均値……321円

https://woman.mynavi.jp/article/160413-21/

平均値386円ってみんなやりくり上手!?って思い、記事をよく見ると回答数507人には弁当持参の人も含まれているようなので、平均値としてはそこそこ押し下げ要因になっていると考えられます。

「コンビニで簡単に済ます」みたいなことが書かれていますが、セブンイレブンで私の大好物の『 具たっぷり手巻 リッチマヨ仕立てツナマヨネーズ (税込124円)』と『 手巻おにぎり 二晩熟成紅しゃけ (税込151円) 』を買っただけでも税込み275円!!

最近はシュリンキング(価格は据え置きで容量だけ減る現状)で腹にたまりませんから、「おかかのおにぎりをもう一個(^o^)v」なんてやったら余裕で平均値超えするじゃないですか!

社員食堂がある社畜ならこの平均値付近に収めることも可能かもしれませんが、それは上級社畜のみが享受できる特権的なものです。あくまでも、この記事は昼食サバイバルゲームを余儀なくされている社畜のために書きたいと考えております。

 

毎日の昼食代を平均額で計算すると年間約92,640円の出費

年間の勤務日数を土日祝日・ロングバージョン除いた240日と仮定すると約92,000円くらいは昼食代に当てていることになります。

ただ…!

正直に申し上げて、昼食代を意識せずに過ごしていたら、私は男性平均値の386円に抑える自信がありません。

外回りしているとなんだかんだお腹も空きますし、喉も渇きますからね。

マイナビウーマンさんには申し訳ないのですが、昼食代(間食含む場合もありで)1日500円くらいを想定した方が現実的なのかなとも思います。この場合は、120,000円の出費となりますね。

昼食事情は人によりけりでありますが、出費が嵩んでいるという社畜サラリーマンであれば、次の方法がベストかもしれません。

 

内勤社畜は早起きして弁当作る!外回り社畜はスーパーマーケットへGO!!

内勤と外回りの就労形態で異なる昼食代リバランス

昼食の質を下げずに、満足感を得ながら、懐も痛まない方法…それは

お昼代をリバランス

  1. 内勤社畜は弁当持参
  2. 外回り社畜はスーパーマーケットで買い出し

内勤社畜サラリーマン

内勤社畜サラリーマンであるなら、とにかく早く起きて弁当を会社に持っていくにつきます。パートナーに時間があれば作ってもらえば尚更よしですね。冷凍食品はセールのときにまとめ買いすれば、日持ちしますしコストパフォマンスが高いです。夕食を少し多めに作っておいて、持っていく方法はコスパ最強です。

内勤社畜サラリーマンはこれで90,000~120,000円を浮かすことができますよ!

外回り社畜サラリーマン

外回り社畜サラリーマンは弁当を持参することが難しい場合があります。その時には、可能な限りスーパーマーケットを利用するといいでしょう。

この画像は先日、出張先のスーパーマーケットで購入した『大分風さっぱりおろし鶏天丼』184円です。(別に大分県で買った訳ではありません)

この弁当は底上げ容器ではなかったので容量も味も大満足の一品でした。

私は出張で全国あちこち回りましたが、スーパーマーケットならこれくらいの金額帯でお昼を済ますことも可能ですよ。300円以内の弁当が数種類は陳列されています。(関東は少し高めの印象はありますが、コンビニより賢い買い物になると思います。)

仮にこの弁当におやつのスナック菓子を加えて250円だったとしましょう。毎日、この金額に抑えれば年間60,000円の出費ですみます。

たかが、30,000円~60,000円の差と思っていても、この60,000円を利回り3%で回せば10年後に80,000円になって帰ってくるのですから馬鹿にできませんね。

大の大人がスーパーマーケットで昼ごはんとか恥ずかしい?

「サラリーマンが昼間っからスーパーマーケットで買い物と恥ずかしい##」と思う人もいるかもしれませんが、誰も社畜のことなんて気にしてませんよ(笑)

最近ではイートインコーナーやお茶を無料でもらえるスーパーマーケットもあるくらいです。

私は社用車の中で食事をしていますが、明らかに電車や徒歩の外回り社畜サラリーマンがスーパーマーケットにオアシスを求めている姿は良く見ますよ。

毎日、昼食をコンビニのおにぎりで済ます方法は個人的には得策だと思えません。

せっかく外回りをしているのなら、スーパーマーケットに足を伸ばしてはいかがでしょうか?

コメント