コロナウイルスによる世界同時株安で株価が下がり続けるときの正しい投資方法【株価下落時の対応】

コロナウイルスによる世界同時株安で株価が下がり続けるときの正しい投資方法【株価下落時の対応】下落期の投資

コロナウイルスによる経済活動の停滞で、株価が下落している時の対応方法を知りたい方向けです。

この記事では、世界的な株価下落トレンドの時期に、個人投資家が取るべき対応や心構えについて解説していきます。

先日、こんな記事も投稿していますので、良かった合わせてご覧ください。

コロナウイルスによる世界同時株安で株価が下がり続けるときの正しい投資方法

投資家として取るべき行動

株価の下落期に取るべき行動は、あなたの投資スタンスによって変わってきます。
そのため、一概に「こうした方が良い」ということは言えません。

明確な答えは無いですが、あなたが長期投資を好むのか、短期投資を好むかによって、それぞれ得られるヒントがあります。

長期投資家の場合

当サイトのターゲットユーザーである配当嗜好の長期投資家なら、世界同時株安の株価低迷期は、持ち株の数を増やす絶好の買い場になります。

既に保有している株価の評価額は大きく減少するかもしれませんが、「気にしない」ことが大切です。

配当や資産形成を目的に投資をしたいのなら、「保有金額」や「評価金額」に着目するよりも「株式数」を増やす感覚が大切です。

このあたりの心構えについては、関連記事をご覧ください。

短期投資家

短期間で利益があげたい投資家(投機家)の方にとっては、押し目買いの絶好のチャンスです。

また、下降トレンドに入ってしまえば「日経平均連動ETF」の空売りで儲けやすい相場になることも予想できます。

ただし、当サイトではスイング的な短期投資はおすすめしていません

短期投資にはデメリットが沢山あります。

短期投資のデメリット
  • ギャンブルのような投資になりがち
  • 負けを取り戻そうとする
  • ナンピン買いをする
  • 取引回数が多くなる
  • 手数料負けの可能性がある
  • 視点が狭まりがち
  • 世情に流されやすい
  • 感情に流されやすい
  • 全能感に浸りがち
  • 無能感に浸りがち
  • ストレスになりやすい
  • お金に人一倍執着しやすくなる
  • 時間の拘束が発生する
  • 本業に力が入らない
  • リスクオフのない取引

詳しい内容はこちらの記事を読んでみて下さい。

感情で取引するのは最悪

感情で取引するのはやめましょう。

センシティブな報道が繰り広げられていますし、経済への影響なども心配されていますが、ここでもう一度「利益確定売りのデメリット」についておさらいしたいと思います。

感情的に売り払ってしまうデメリット
  • ベストタイミングか分からない
  • 複利効果がなくなる
  • 儲けなら税金が発生する
世界的に株価は大荒れ

2020年2月25日の日経平均株価は、最大下げ幅1,000円超という大暴落を見せました。

海外の株式市場も大荒れの展開となっています。

2月24日NYダウ −1,031.61ドル(−3.56%)

2月24日KOSPI     −83.80ポイント(−3.87%)

今回の世界同時株安は、コロナウイルスによる経済活動への影響を単に発している側面が強いと考えられます。

ただ、株式相場の上げ下げについては、明確な原因を探り当てることは難しいと思います。

日本においては、増税とそれによるGDPマイナス成長などの影響も考えられます。

コロナウイルスによる、世界的なパンデミックについては、WHOでも警鐘され始めています。

結果的に、このウイルスが世界的な景気後退を誘発する可能性もあります。

感情で売り買いする人の特徴の一つに、「常に評価益が出ていないと気が済まない」というものがあります。

評価益がどんどん減少していく様子は悲しいですが、そういった人は、やけを起こして不要な取引をしてしまいがちです。

コメント