一戸建て(マイホーム)にかかる税金と維持費の一覧 【30年で+1000万円】

一戸建てを所有すると必要な税金と維持費生活

一戸建てのマイホームを検討していて、必要な税金や維持費を知りたい方向けです。

この記事では夢の一戸建てマイホームを「購入した後」に発生する税金や維持費をリストにまとめて解説していきます。

 

この記事が参考になる人
  • これから一戸建てのマイホームを購入する
  • 一戸建てマイホームにかかる維持費や税金を知りたい

 

結論:一戸建てを買うには30年間で「1,000万円」の追加費用が必要

 

一戸建て(マイホーム)にかかる税金と維持費「30年で+1000万円」

30年間で「約1,000万円」の税金・維持費が必要

 

私が住んでいる「都市圏郊外」で一戸建てを所有すると、おおよそ表にある「ランニングコスト」が発生するようです。

 

※3,000万円の3LDKで想定しています。(あくまで参考までにして下さいね。)

 

私が住んでいるマンションでは「固定資産税の減税措置」で5年間は毎年「10万円」前後の返還がありました。

 

一戸建ての所有にかかる「税金」

持ち家を「所有」することで税金が発生します。大きく分けると2つの税金が「毎年」発生することになります。

 

固定資産税

 

土地と上物(建物)により算出される税金です。

固定資産である「住居」を所有していると「毎年必ず」発生する税金です。

 

【固定資産税の納税額】

固定資産評価額(課税標準額)×1.4%(税率)

 

3年ごとに評価額が見直しされる制度なっています。

お住まいの市町村から「納税額決定通知書」が届きますので、それに従って納税します。

 

私の父親は市役所で固定資産税に関する仕事をしていました。

自分の家の評価学を知りたい場合には市役所に問い合わせすると教えてくれるようです。

 

都市計画税

 

この税金はお住いの都道府県や市町村によって有無が異なります。

道路整備や街頭設置などの都市計画や区画整備に使用する目的で徴収されることがある税金です。

人口の多いエリアで発生しやすい税金です。

 

【都市計画税の納税額】

固定資産評価額(課税標準額)×0.3%(上限)

 

固定資産税と都市計画税はお住いの家の条件によって「減税」の対象になることがあります。

 

一戸建ての所有にかかる「維持費」

こちらは「オプション」になりますが、一戸建てを所有する場合に多くの方が支払っている「維持費」の一覧です。

各種保険料

 

火災保険料

一戸建てはコンクリートマンションに比べると火災による被害が拡大しやすいと言われています。

特に木造住宅を検討されているなら「火災保険」は加入しておいた方が良いです。

あなたがどれだけ注意していても、近所の火事が延焼するようなケースもありますから、万が一に備えましょう。

 

地震保険

基本的に火災保険と一緒に加入するのが「地震保険」です。

地震保険と聞くと「全壊でなければ保険が下りない」というイメージがありますが、2018年の「大阪北部地震」以降に国の指導で緩和されてきているようです。

 

修繕費

 

一戸建ての場合には「家の管理」は所有者が行います。

けれど「何年後に外壁舗装、その2年後に水回り…」みたいなスケジュールを普通の人は事前に計画しませんよね。

 

そこで「おおよそ必要な費用」を15年前後を目安に貯めていきましょう。

この記事の上にある表で見ると「毎年20万円」を積み立てすると良いかもしれません。

 

修繕が必要になるところ
  • 外壁や屋根の塗装(修繕)
  • 風呂、トイレ、キッチンの水回り
  • 床や畳の張り替え
  • 玄関ドアやシャッターの交換

 

全てやると一般的な家でも300万円くらいかかります。

特に「水回り」の修繕は高額になりがちです。

 

庭の剪定

 

庭に木を植えると「剪定代」が必要になったりします。

私の実家には松の木が5本植樹されていますが、年間5万円くらい「松の木のお世話」にお金がかかっています。

 

自治会費

 

別名は「町内会費」ですね。

マンションでは回避できることが多いですが、一戸建てに住むと「基本的に払う」ものです。

外灯の蛍光灯やガラス除けのゴミネットの購入費に使われたりします。

私の地域は月額220円です。

 

また、お祭りや催し物が盛んなエリアでは月額料金が高いようです。

若い人はゴミ清掃、避難訓練、パトロール、交通誘導など結構駆り出されたりします。