TOEIC リーディングの勉強法【知らないと損する学習方法】

TOEIC リーディングの勉強法【知らないと損する学習方法】TOEIC
悩んでいるひよこ

TOEICリーディングの勉強法が知りたい人

「TOEICリーディングが全体的に苦手だな…。どうしても時間が足りなくて途中でギブアップしやすい。もしかして単語力が足りないの?速読の勉強も取り入れるべき?勉強の方向性が分からなくなってきた!」

このような悩みを解消していきます。

皆さん、こんにちは。
IF30のほろほろ(@investfrom30)です。

リスニングよりもリーディングが苦手です。
そのことは分かっていたので、4ヶ月の勉強期間の大部分をリーディングの勉強に使いました。

  • どうして時間切れになってしまうのか?
  • 単語力(語彙力)が足りていないの?
  • 速読の勉強が必要なのかな?

このように悩みながらTOEICリーディングの勉強をやっていきました。

TOEICのリーディング・セクションがなかなかスムーズに進まないと困っている人の気持ちはよく分かります。

一方で、これらの問題を解決する正しい勉強法が存在します。
私が試行錯誤して導き出した、効率的なTOEICリーディングの勉強法を紹介しましょう。

先日、私はこのようなツイートをしました。

社内のレクレーションの一環で英語(TOEIC)のアドバイスをしていたことがあるのですが、このような行動をしている人はすぐに頭打ちします。

つまり、反対の行動をすればTOEICリーディングはスコアアップを目指しやすい。

特に重要なのはこの3つ。

  • 時間配分の徹底的な理解
  • TOEICの95%をカバーする単語の勉強法
  • 精読を鍛えて読み直しを減らす→結果的に速読になる

この記事では、こちらの3つのポイントを軸にした勉強法を解説していきます。

なお、これから紹介する方法を利用して、私は4ヶ月で860点を達成しています。

この記事を読んで頂ければ、短期間でTOEICのスコアアップを目指せますし、TOEIC以外の英語スキルにも応用ができます。

この記事の内容

  • 時間が足りないを解決【正答率より回答数!】
  • TOEICに必要な英単語【その単語帳で大丈夫?】
  • 速読よりも先にやること【精度を高めよ!】

7日間無料のスタディサプリを利用しよう!

「もっと簡単にゲーム感覚くらいの気持ちでTOEICをスコアアップしたい!」という人はスタディサプリがおすすめです。

当サイト(IF30)でも十分にテスト対策をして頂けますが、リクルート社が開発したスタディサプリはより学習効果が高いです。

しかし、月額2,980円とお高めです。
そこで時間をしっかり取れる人は7日間無料の会員登録をして、スコアアップに必要な情報だけをお得にゲットしてはどうですか?

スコアアップに繋がるポイントを動画でサクサク学習できますし、制限時間を意識したテスト問題にもチャレンジできます。

登録後に解約手続きをしておけば、料金が一切かかりません!

≫ スタディサプリTOEIC対策コースを試してみる(7日間無料)
スポンサーリンク

TOEICリーディングの効率的な勉強法

TOEICリーディングのスコアアップを目指すときに必要な学習はなんでしょうか?

英語(言語)を覚えるときに必要な3つの要素がヒントになります。

英語力を上げる3つの要素

  • 単語
  • 発音
  • 文法

これらをバランス良く学習することで、英語の基礎力を強固なものにできます。

私は10年以上前に外国語大学を卒業しています。(その後、英語とは疎遠になってしまいましたが…)

大学ではビジネス英語や論文の執筆ができるレベルに引き上げるため、最初はこの3つを徹底的に叩き込まれました。

いきなり問題集を回答しまくる方法も個人的にはアリだと思います。
しかし、基礎部分が無いまま勉強するのは『方向が分からないまま走り続ける』ことに似ています。

その場しのぎの英語学習でないのなら、この3要素を意識しながらやると良いです。

英語の基礎力を底上げるする3つの要素

今回は、TOEICリーディングの勉強法についての記事ですので、『発音』についてはTOEIC リスニングの勉強法【聞き取れないを解消しよう!】をご覧ください。

時間が足りないを解決【正答率より回答数!】

リーディングの3つのパートをどのような時間配分で攻略するか考えることから始めましょう。

「単語と文法からやらないの?」と思われるかもしれませんが、リーディング・セクションを効率的にクリアしていく上で『時間配分』は非常に重要な要素です。

初心者がやってしまいがちな間違った行動の代表例がこちらです。

1問の正答率にこだわり、回答数を重要視しない

「心当たりがあるな…」と感じる人は、TOEICのスコアが頭打ちになっている原因かもしれません。

初心者のころは正答率よりも回答数を意識して、テストに挑戦したほうがスコアが上がりやすいです。

これには理由がありまして、リーディング・セクションは75分で100問に回答する必要があります。
一問の正解にこだわっていると、他の設問に回答する時間がどんどん削られていきます。

多くの受験者が終了1分前にマークシートを大量に塗りつぶした経験をお持ちかと思います。

適当にマークした設問に価値があるかと言えば微妙ですね…
やはり、採点対象の設問が減るというのは、スコアダウンの原因になってしまうのです。

理想的な時間配分

リーディングの勉強を進めるにあたって、適切な時間配分を理解しておきましょう!
そして、各パートや設問に『制限時間』を設定して、時間内に回答できるようにチャレンジしていきます。

私は3パターンほど時間配分を試してみました。

その中でもっとも理想的だと感じた時間配分がこちらです。

セクション開始時刻終了時刻時間
Part513:4513:5510分
Part613:5514:0510分
Part7|シングル14:0514:3025分
Part7|ダブル14:3014:4010分
Part7|トリプル14:4015:0020分

詳しくは参考記事をご覧頂きたいのですが、この制限時間に合わせて回答していけば最後の設問までたどり着けるようになります。

【うまくいかない人】TOEICの時間配分のコツ【意識を変えよう】

戦略的に撤退せよ!

TOEICの本番中に「ちょっと考えれば回答できるかも…!」と手が止まることがありますよね。

制限時間が過ぎそうなら「きっぱり」諦めて適当にマークしましょう。

重要なことなのでもう一度お伝えしますが、初心者のころは正答率よりも回答数にこだわった方がスコアアップしやすいです!

TOEICに必要な英単語【その単語帳で大丈夫?】

ここからTOEICのリーディングに必要な単語について解説をしていきます。

最初に確認して欲しいことがあります。

ちゃんとTOEIC用の単語帳で勉強していますか?

英語学習においては単語帳の種類は重要ではありません。

しかし、TOEICのスコアアップという観点から考えると、正しい単語帳を利用しないと恐ろしいほど遠回りになります。

損をしないためにも、今からお伝えするポイントが抑えられている単語帳であるかチェックしましょう。

  • TOEIC用の単語帳である
  • 3000単語が掲載されている
  • 発音記号の記載がある

この条件さえ満たしていれば、出版社や著者などはあまり重要ではありません。

どうして3000単語かと言えば、TOEICで出題される単語数がご覧のようになっているからです。

TOEICは3,000の単語で95%をカバーする

このような考えのもとで、私がおすすめする英単語帳はTOEICスピードマスターです。

シリーズものになっておらず、1冊で完結することができます。
これだけあれば900点以上の語彙力を習得することができますよ。

英単語の勉強法

単語の勉強はどうしても暗記作業になります。
楽をして覚える方法はありませんので、10個ずつでも良いので毎日やるようにしましょう。

単語だけを覚えるのではなく、例文と発音にも目を通したほうが良いです。

まずはひと通りページをめくっていき、知らない単語に付箋を貼っていきます。
次の日に付箋を貼っているページを中心に復習をしましょう。

毎日繰り返しやると、短期記憶から抜け出すことができます。

基本的に「使わなければ覚えられない」と考えておいた方が良いですので、発声しながらやると効果が上がります。

アプリはどうか?

英単語を覚えるのに「みかん」などのアプリが人気です。
アプリのほうが覚えやすいという人は、自分にあった勉強法を取り入れるべきです。

さらに効率を上げるために、7日間の無料トライアルの期間にスタディサプリで一気に英単語を覚える人もいます。

ツールはなんでも大丈夫で、大切なのは継続性です。

速読よりも先にやること【精度を高めよ!】

「TOEICリーディングの最後の問題までたどり着けない!」と困っている人の中には、『速読』に興味を持っている人もいるはずです。

Forbesのこちらの記事「Do You Read Fast Enough To Be Successful?」(英語記事)でネイティブが1分間にどれくらいの単語を読めるか解説されています。

それによると成人の平均は300文字(300WPM=Words Per Minute)ということです。
300WPMと聞いてもピンときませんね。

要点だけお話すると、TOEICでは100〜150WPMくらいあれば比較的スムーズに回答できると言われています。ノンネイティブの私たちは、150WPM以上を目指して学習するべきかと思います。

ただ読めば良いだけではない

とはいえ、とにかく英文を読みまくれば上達するわけでもありません。

そもそも100〜150WPMはそこまで高いハードルではなく、英語を正しく学習するなかで事前とクリアできるようになります。

つまり、速読の前に文法や単語をやるべきです。

TOEICの勉強の中では『文法』はないがしろにされがちですが、非常に重要です。
文法を理解できていると英文を『正しく読める』ようになります。

TOEICリーディングの長文問題が苦手に感じている人は、なんども問題文を読み返していませんか?

それが結果的に『読むスピード』を低下させる原因になっています。

そのため、文法と単語の勉強を強化して『読み直し』を減らすことで、読む速度も改善してくることは間違いありません。

文法も単語も知識を持っているかどうかで勝敗がすべて変わります。

「苦手意識もあったから、ちょっと遠ざけていたな…」と思う人は、すぐに行動を始めましょう。

速読の練習ではなく、長文を正確に読む練習が本質的な勉強法であることを忘れないで下さい!

効果的な長文の精読方法

基本的に知らない単語を減らして、文法表現の知識を増やせば途中で止まることなく長文を読めるようになります。

しかし、最初から上手くいくはずありません。

まずはTOEICの問題集で長文にチャレンジしてみて、分からないと思ったら以下の画像のように細分化していきます。

英文法 センテンスの構造
センテンスの構造を理解する
  • 知らない単語
  • それぞれの単語の役割

最初はこれくらい細かくやった方が良いです。

そもそも英文法の基礎すら分からない場合は、『5文型』がどういったものかから始めましょう。

英文法 文型一覧表
英語の文型は5つある

このあたりは中学校の授業でも採用されている『Evergreen』がおすすめです。

「今から中学生の勉強?」と思うかもしれませんが、TOEICに関しては中学英語を完璧に覚えれば、後は英単語を伸ばすだけで800点以上狙えます。

どれくらい基礎学習をすれば良いかですが、1ヶ月ほど根気強くやっていると、いちいち考えなくても構造が分かるようになります。

TOEICリーディングの各パートの勉強法

ここで各パートの効率的な勉強法について解説をしていきます。

基本軸は冒頭でお伝えした『時間配分』を意識することです。

ここを理解していないと、すぐにスコアアップに限界を感じることになってしまいます。

Part5(文法問題)

Part5は出題される文法問題のパターンがおおよそ決まっています。

TOEIC Part5の出題パターン

品詞や動詞(変化形)の文法問題を中心に学習していきましょう。

文法問題は知識がないと、自信を持って回答することはできないはずです。

消去法を活用することもできますが、Part5は1問あたり20秒で回答していくのが望ましいです。
消去法で無駄な時間を使うなら、次の設問に進むべきかと思います。

より具体的なテスト対策は「TOEIC Part5 文法問題のテスト対策と解き方のコツ」の記事で解説します。

Part6(長文穴埋め問題)

長文が4つ用意されており、それぞれ設問が4つ。
1つの長文に2分〜2分30秒の制限時間を設定して回答します。

そのためPart6は意外と時間に追われます。

Part6は穴埋め問題ということもあって、空欄の前後だけ部分的に読む人が多いです。
しかし、最近のPart6は『フレーズ挿入問題』が頻出であり、長文をすべて読まないと正解できなくなってきています

「急がば回れ」の考えで、長文の最初から最後まで丁寧に読んで、回答するようにしましょう。

より具体的なテスト対策は「TOEIC Part6 長文穴埋め問題のテスト対策と解き方のコツ」の記事で解説します。

Part7(長文読解問題)

Part7は情報源が1つのシングル・パッセージ、2つのダブル・パッセージ、そして3つのトリプル・パッセージに分かれます。

長文の内容によって難易度が変わりやすいです。

シングル・パッセージは比較的イージーな問題が多い『メール返信』や『チャット』の長文からやることをおすすめします。『論評・社説』は上級者でも難しいこともあります。

ダブル・パッセージとトリプル・パッセージは読み進めないと難易度が分かりませんので、時間配分だけ意識しながら順番に回答しましょう。

より具体的なテスト対策は「TOEIC Part7 長文読解問題のテスト対策と解き方のコツ」の記事で解説します。

TOEICリーディングの勉強に必要な参考書など

ここまでの内容を簡単にまとめます。

TOEICリーディングのスコアアップに繋がる勉強

  • 各パートの時間配分を理解して厳守する
  • 英単語(3000語)の習得
  • 文法の習得
  • 正確に長文を読む練習

TOEICリーディングで高得点を目指すためには、どれも必要不可欠な要素です。

これらの知識やスキルを習得するために、役立つ参考書と問題集を紹介します。

リーディング全体の勉強に役立つ!

TOEIC公式問題集

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集

時間制限を意識したリーディング問題の回答はもちろんのこと、現在発売されている公式問題集を揃えれば、英単語やイディオムも90%ちかくカバーできる。

なによりTOEICを運営しているIIBCが作成している問題集なので、TOEICの傾向をそのまま理解できるのがおすすめのポイント。

こちらの公式問題集を軸にして、TOEICの勉強を進めると良いです。

TOEIC公式問題集の口コミを見る

英単語の勉強に役立つ!

スピードマスター

TOEIC(R)L&R TEST英単語スピードマスター

TOEICに頻出の3000単語が収録されています。
シリーズになっておらず、1冊で完結することができるのでおすすめです。

発音記号や例文も豊富に記載されており、付属CDを活用すればリスニングへの応用もしやすいです。

スピードマスターの口コミを見る

文法の勉強に役立つ!

文法問題 でる1000問

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

TOEICのPart5とPart6を徹底的にクリアするための良質な問題集。

1000以上の文法問題が収録されており、こちらをしっかり勉強すればTOEICに出題される文法問題はほぼクリア可能です。

文法問題でる1000問の口コミを見る

一億人の英文法

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法

英会話ができるようになるための英文法の参考書です。
そもそも文法の知識がない人は、文法について基礎から学べる良書と言えます。

一億人の英文法の口コミを見る

ちなみにIF30ではこちらのカテゴリに分けて、本当にTOEICの勉強に役立つ参考書をご紹介しています。

TOEICで必要な単語・文法・発音をカバーする参考書
TOEICに勉強に必要な参考書

これらの参考書を利用すれば、短期間で一気にスコアアップを狙えます。
いろいろな参考書や問題集に手を出すのではなく、数冊に限定して繰り返し学習をしてください。

【ついに決定!】本当に役立つおすすめTOEIC参考書はこちら

TOEIC リーディングの勉強法(まとめ)

以上がTOEICリーディングの効率的な勉強法です。
今回の記事のポイントをまとめておきます。

  • 時間配分の徹底的な理解
  • TOEICの95%をカバーする単語の勉強法
  • 精読を鍛えて読み直しを減らす→結果的に速読になる

このあたりを意識して勉強をするだけでも、TOEICのスコアアップは飛躍的に上昇するはずです。

全体的な勉強法のイメージが分かったら、それぞれのパートのテスト対策に進んでいきましょう。

IF30ではだらだらTOEICを勉強するのではなく、4ヶ月から6ヶ月で800点以上を達成することをおすすめしています。

そのために必要なコンテンツを配信していきますので、今後とも宜しくお願いします。

TOEICのテスト本番に備えたい人

これまで頑張ってきたTOEICの勉強をよりしっかり仕上げたい人は、7日間無料で使える『スタディサプリ』がおすすめです。

「どこか抜けている部分はないかな?」と不安な気持ちになりますが、そのような心配を解消できます。

総合的な復習を効率的にできるアプリを利用してはどうでしょうか?

スタディサプリはすべてパートのテスト対策が動画で紹介されており、実践的な練習問題にチャレンジ可能です。

IF30(当サイト)でも無料のテスト対策はできますが、アプリならサクッと終わります。

「なんとか次のテストでスコアアップを目指したい!」と考えている人は、7日間であれば無料で使えますので検討しましょう!圧倒的にブラッシュアップできます。

(登録後に解約しておけば、完全に無料です。)

≫ スタディサプリTOEIC対策コースを試してみる(7日間無料)

(参考) スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースの評判【レビュー記事】