TOEICの解き方ガイド スコア設定 英語学習

TOEIC 目標のスコア「800点」が最もパフォーマンスが良い理由をサクッと解説します。

TOEICの最強スコアは800点TOEICの解き方ガイド

TOEICの「目標スコア」をどれくらいに設定すれば良いか悩んでいる方向けです。

この記事ではTOEIC L&R公開テストの目標スコアを「800点」に設定することでパフォーマンスが最大化する理由を解説していきます。

 

先日投稿した記事で「最初に目標スコアを設定すること・何回もTOEICを受験しないこと」の重要性を解説しました。

その中で、「おすすめの目標スコアは800点」であると触れていましたので、この記事で解説していきます。

 

 

トーイック800点が「丁度良い」スコアである理由

それでは目標スコアを800点にするべき理由をサクッと解説していきます。

 

700点を超えてくると「点数の伸び」が急激に悪くなる

TOEICの受験を重ねると「どんどん点数が伸びる」楽しい時期があるのですが、それがグラフにある青色で囲んだ「445〜695点」あたりだと思います。

この辺りのスコアをマークした受験者の数が最も多いことが分かりますね。

 

私は600点台のスコアは「並みの努力」と「TOEICの小手先の技術」さえあれば、どなたでも超短期間で達成できると考えていますし、公式データがそれを物語っています。

しかし! グラフのオレンジで囲った部分である700点以上からは「ハイレベルな戦い」が始まります

 

TOEIC 公開テストのスコア分布

 

700点を超えるとハイレベルになる理由

これは間違いなく「回答の正確性」が求められるようになってくるからです。

結果的に「スコアの伸び悩み」が発生しやすく、血迷って850〜990点を目標設定にしてしまうと正答率が90%前後必要になってきますから、受験中に「間違えられない」というプレッシャーで押し潰されます。

私の経験からお伝えすると、「人並み以上の努力はしたい」けど「神経を消費する努力はしたくない」という場合に「800点」というのは十分にパフォーマンスが高いといえます。

 

900点超えるとTOEICマニアの世界に…

過去に950点マークしたことのある私が言うから間違いありませんが、900点以上の目標設定をする人は「マニア性向」があったりします。(もちろん全員ではありませんが…)

TOEICに関係する仕事をしていない限り「高得点をマークすること」に快感を覚えている方が多いように思います。

 

800点あれば就職や転職で有利

800点がどういったスコアであるかというと公開テストの上位13%を意味しています。

他人に自慢できるどころか、「就職や転職」でもめちゃくちゃ有利になりますよ!

 

外資系企業もTOEIC800点以上を求めている

私は医療業界にいるのですが、医療機器も製薬もトップ企業はほとんど欧米や北欧が占めています。

どの業界もそうですがグローバルに集約されてきていて海外とのコミュニケーションができる人材が重宝されやすい労働環境にどんどん進んでいっています。

 

私の勤務している医療機器メーカーではTOEIC800点以上でいきなり「マネージャー候補」になります。

もちろん、英語ができるだけで管理職になれる訳ではありませんが、高給ポジションになるためのルートを切り拓いてくれるのも「TOEICの力」であることは間違いありません。

 

私は30代前半ですが、おかげさまで(見習いの)マネージャーとしてキャリアアップすることができました。

最大の理由は「本社と英語でコミニュケーションが取れる」ということだったそうです。

 

800点ホルダーには「程よい仕事」が回ってくる

英語を完全にマスターした訳ではないけど、「それなりに英語を使用する仕事」を任せられる。

800点ホルダーに持つ印象は大体こんな感じだと思われます。

私が普段やっているマイルドな仕事はこんな感じです。

 

800点ホルダーの「程よい英語の仕事」
  • 日常業務の連絡(メール送信)
  • 企画書の草案作成
  • 来日した本社スタッフとの簡単な会話(時間繋ぎ)
  • 顧客訪問に同行(簡単な通訳)

  

900点超えホルダーは酷使される

900〜990点ホルダーは社内のいろいろな人から期待されますし頼られます

あなたの職場にも「英語のことは○○さん!」ってなっている人いますよね?

責任の重い英語の仕事をする機会が増えることにもなりますから「高得点ホルダー」は意外な苦労を強いるかもしれません。

 

900点ホルダーの「割りに合わない英語の仕事」
  • 会議資料の作成
  • 会議に参加(書記というパターンもあり)
  • 企画書の作成
  • 来日した本社スタッフに一日中アテンド
  • 顧客訪問に同行し、その業界の専門用語を駆使して通訳

 

「高得点≠英語ができる」 という悲しい真実

TOEICで990点を採っても「高度なビジネス英語」ができる訳ではありません。

そのビジネスの専門用語や慣習を熟知していなければ、ネイティブでもコミュニケーションが取れません。

「聞く」「読む」「話す」「書く」という4つの領域をバランスよくビジネスレベルまで引き上げていなければ、実際のビジネスシーンでは歯が立たないということが良くあります。

 

TOEIC中心の勉強をしてしまうと「英語ができるはずだけど出来ない」という謎の状態になりやすいです。

英語版の丘サーファーにならないよう注意したいところです。

 

800点を最短ルートで目指す

以上のような理由で「TOEICの目指すべきスコアは?」と聞かれれば、私は「800点が最強」とお伝えしたいと思います。

 

800点を目指すための勉強方法について下記の記事が参考になると思いますので、よかったらご利用下さい。

 

 

 

誤解を恐れず言いますと、TOEICは「英語を使った処理能力検定」です。 

英語の勉強も当然重要ですが、「TOEICの正しい解き方」を理解するだけで結構簡単にスコアアップしたりします。

当サイトの記事では効率的な「TOEIC対策」や「英語学習」について記事を投稿していますので、ご利用いただければ幸いです。

コメント