当サイト管理者の資産形成状況 2020年3月

資産公開2020年3月資産運用

現金化可能資産は1,700万円を超えました

investfrom30の管理人である私の資産状況を定期的に公開しています。

2020年3月は怒涛のコロナショックで資産が目減りする展開となりました。

資産を公開する意味ってあるの?

基本的に資産を公開するメリットはありません。ただし、投資に関する情報を発信しているサイトの管理人である私が「どのように」投資して、結果的に「どうなったか」をお伝えすることも必要だと考えています。

自慢をしたいとか、ポジショントークをしたいということは一切考えておりません。

実績を公開することで当サイトの他の記事の「信頼性」も高まると考えています。

自己資産についてはマネーフォワードを利用して細かく管理しています。

前回の資産状況を公開した2019年11月から40万円ほど「現金化が可能な資産」が増加したことになります。

マネーフォワード管理画面

預金・現金・仮想通貨

単純な現金が13,316,331円あります。11月から10万円ほど増加している計算です。

基本的に株式など金融資産を積極的に購入しているため貯金への比率は少しずつ減っている感じです。

グラフに載っていませんが、増税決定時に利益確定売りをしたことで一気に現金比率が上昇しました。

 今後の方針

1千万円くらいは徐々に再投資をしていく計画です

我が家の問題は奥さんが「貯金好き」ということです。節約や家計の管理は完璧で本当に尊敬していますが、金融リテラシーがないため、貯金をしたがる傾向にあります。

先日、投稿した記事のように「貯金は向こう3ヶ月分の生活費」で十分であることをしっかり理解してもらって、「妥協点」を探って行くことが短期的な目標です。

株式(国内・海外)

株式は2,657,129円の評価額を受けています。

コロナショックの影響で一気に「含み損」に転落しています。ただ、私は基本的に株式口座を見ていないため、今後も気にせず「機械的な投資」を続けていきます。

反省点としては下値を狙った「指値注文」をだらだらやってしまいました。結果的にもうちょっとで約定を逃すことが多かったような気がしています。

予約注文を設定しているため、日々どの注文が約定したかも「後から気がつく」状態になっています。それくらい「機械的」に投資できているとも言えます。

おかげさまで順調に株数が増えており、毎月何かしら「配当」がくる状態になっています。

詳細はポートフォリオを定期的にご紹介していますので、そちらをご覧ください。

404 NOT FOUND | investfrom30.com
暮らし・お金・仕事をサポートするサイト
スポンサーリンク

確定拠出年金

ようやく勤務先でもiDeCoを利用できるようになりました。

毎月1万5千円ほど「強制的」に投資する仕組みが完成しました。

融資

国政政党へ200万円を融資しています。

年率は初年度10%で以降5年がそれぞれ5%という感じです。

保険

貯蓄性の高い養老保険は1,233,120円となっています。毎月1万2000円ほど積み立てているものです。

結婚当初に加入したのですが、今年に途中解約すると元金の60%しか返ってこないため継続しています。保険関係は本当にしっかり調べて入らないと痛い目にあいますね。

ポイント

ポイントは知らないうちに95,651円となっています。

管理人よりひとこと

わが家は「普通」の世帯収入

現在31歳で既婚子供1人という状況です。

収入は毎年の給与改定で順調に伸びている感じです。また、配当がちょこちょこ振り込まれているため足しになっています。ただし、世帯年収でいうと「普通クラス」です。

普通の家庭でも効率的にやればここまで資産形成できることがある程度お示しできているのかなと思ったりしています。

支出は専業主婦の嫁の力添えもあり「月17〜20万円以内」に収まっています。

マンション売却予定

マンションの売却も検討しており「査定」を各社に取っています。

2,000万円〜2,500万円の価値があるようです。ローンや手数料を引くと1,700万円ほど手元に残りそうです。

このお金は投資に回そうとも考えています。ただ、購入時に親から一部支援を受けたこともあり、親孝行や老後資金ということで大部分は親に使ってもらうことも考えています。

コメント