プロフィール

investfrom30 サイトロゴ

 

はじめまして

30代既婚者子持ち、医療系外資メーカー勤務、社畜歴10年近く。
グローバルな海外資本メーカーの社畜として働くことに無意味な誇りを持ちながら、投資家の皆様に還元をすべく、日々、無駄に頑張っている典型的な日本人サラリーマンでございます。

 

普通の会社員として働いても、国内企業では経済的自由を掴むことは難しいと外資系企業へ移りましたが、高給の外資系企業であっても、上司や同僚、強いては自身を俯瞰して見たときに、正しいファイナンシャル・リテラシーが無ければ、同じ井の中の蛙だと気が付きました。

投資=ギャンブルと勘違いしていた哀れな人間ですが、最近は少しずつ経済的自由に近づきつつある手応えを感じます。

人の失敗を見て、最適で最短距離をゆくための道しるべに、人の成功を見て、あなたの軌道修正を行うためのブログであればと思います。

 

このサイトの取扱説明書

同サイトでは3つの親カテゴリと1つのサブチャンネルが存在します。

投資のしかた
働きかた
生活のしかた
英語学習のしかた
『英語学習から国民を守るチャンネル』は『社畜がかしこく生きていくブログ』のサブチャンネルです。

これらの親カテゴリの中には、関連する題材(テーマ)が格納されていますから、好きなものを選んで必要なものだけ参考にして頂ければと思います。

 

このサイトに記載されている主な内容

投資による資産形成

「投資すること」は非常に重要です。サラリーマンとして得られる給料には限界があるためです。

当サイトでは「投資の黄金ルール」である3つの重要事項を着実に実行することをお勧めする記事を多数投稿していきます。

  • できるだけ若い年齢の時に
  • できるだけ多くの資金を
  • できるだけ長く投資する

これが比較的安全で効率良く資産形成ができる「投資の黄金ルール」です。

しかし、闇雲に感覚や直感で投資して言い訳ではありません。

投資に「安全」や「確実」という物は存在しませんから、何に投資をするかは皆さんで決める必要があります。

選定のお手伝いになればと思い、当サイトの管理人が実際に投資をしている(する予定)の個別銘柄についても多くの記事を投稿していきます。

 

働きかたは自分らしさを取り入れる時代に

「働きかた」に対する考え方は近年急激な変化を見せています。

その根本にあるのは「もっと自分らしく生きたい」という新しい価値観の誕生です。

労働に対する価値観も単に「給料」という側面だけではなく、「プライベートを含めた自由さ」「個人の考え方の尊重」「仕事内容の分業化」など様々な意見が取り入れられています。

 

すでに多くの若者世代の労働者は「終身雇用」を望んでおらず、会社側も社員を一生面倒見られるほどの体力が残っていない状態になってきています。

 

「お金よりも自由が欲しい」という新しい価値観が浸透しつつある一方で、「お金がなければ自由に生きられない」ということも事実ではないでしょうか。

 

当サイトでは自分らしく生きるためのバランスの取れた働きかたについて多くの記事を投稿していきます。

 

生活の余分を減らして身軽になろう

「生活」を正しい方向にコントロールすることは非常に大切です。

投資をするにはお金が必要です。お金を稼ぐには働く必要があります。働くには普段の生活が正常でなければなりません。

それには「生活のリバランス」が必要です。

生活にかかる不要なコストを見つめ直し得をできる生き方が存在します。

 

国や自治体レベルでも節税といった方法を提供しているのですが、わざわざ教えてくれたりはしません。

得をしたければ、こちらから情報を入手しに行く必要があるのです。

当サイトでは無駄な支出の「節約ポイント」に関する記事を多数投稿していきます。

 

英語学習とTOEICに挑戦しよう

「英語学習」はすべてのサラリーマンにとって最も「コストパフォーマンス」が良いものです。

単純に英語を勉強しているというだけでも、訪れてくるチャンスの数が増加するのです。

 

英語能力の指標には多くの会社が「TOEIC」を利用しています。

TOEICはある程度の「基礎英語」と「受験のコツ」を理解しておくことで比較的短期間に700点前後の高得点を獲得できる手軽な試験だと、私は思っています。

私は実際に10年のブランクがありましたが、4ヶ月で860点をマークしました。

 

私は営業部に所属していて成績も芳しくありませんが、結果的に本社マターの英語を使用した仕事も任せられています。

昇給スピードも同期に比べて比較的早いと言われている事実があります。

 

当サイトでTOEICの高得点を効率的にマークするために必要な英語の知識とコツについて多くの記事を投稿していきます。