米国株に投資するための手数料を比較【無駄な手数料払ってない?】

米国株に投資するための手数料を比較【無駄な手数料払ってない?】投資
悩んでいるひよこ

米国株投資の手数料が気になる人

「米国株に投資したい!いろいろな証券会社があるけれど、どこの手数料がお得なんだろう?少しでも投資リターンを増やすために、手数料の比較がしたいな」

このような希望にお応えします。

皆さん、こんにちは。IF30のほろほろ(@investfrom30)です。

米国株投資を始めたころ「米国株の手数料って結構高いな…」とビックリしたことがあります。

あれから10年たった今、米国株に投資するためのコストは非常に安くなってきました。

代表的なネット証券会社の手数料は一見横ばいですが、サービス内容なども含めると数パーセントの違いが発生することもあります。わずかな差がトータルリターンに大きく影響するのが、投資の世界のシビアなところ。

今回は米国株投資をするときに、口座開設を検討するであろう4つの証券会社の手数料を比較していきます。

この記事を読むメリット

  • 米国株の手数料でパフォーマンスが高い証券会社が分かる
  • 米国株の手数料を『投資額』別に比較できる

今回ご紹介する証券会社はこちらから口座開設も可能です。
開催中のキャンペーン情報も含めてご利用ください。

口座開設&キャンペーン情報
SBI証券国内利用者が最大
楽天証券ポイント制度が充実
マネックス証券円建為替手数料が無料
サクソバンク証券海外株式に特化

米国株の手数料を比較

それでは米国株に投資するための手数料を比較していきましょう!

今回は米国株に投資できる代表的な証券会社を比較します。

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • サクソバンク証券

まずは各証券会社のホームページに記載されている手数料をリストにしてみます。

証券会社最低手数料最大手数料利率
マネックス証券$0.00$20.000.45%
SBI証券$0.00$20.000.45%
楽天証券$0.00$22.000.495%
サクソバンク証券$5.00$15.000.2%

この表だけを見ると「たった0.005%の差だしポイントが付く楽天証券が良さそう」と思うかもしれませんが、私のツイートを見てください。

米国株に投資する手数料を証券会社別に比較してみました。
約定10万円が鬼門だと分かりました。

【結果】

  • 初心者はマネックスかSBI証券を利用
  • 上級者はサクソバンク証券を利用

こんな感じです。

精査はまだしていませんので、損益分岐点などの計算は後日ブログのほうに公開します。

結論、こんな感じで証券会社を選ぶのが良いかと思います。

詳細についてはこれから説明していきますね。

手数料を比較するときに重要なのは投資額

先日のツイートのとおり、一回あたりの投資金額(約定金額)によって、利用するべき証券会社が変わります。

米国株の手数料を投資額10万円で比較

まずは10万円未満の少額取引について考えてみます。

今回は分かりやすいように『1ドル=100円』で計算しますので、本来は為替の影響を受けることを理解しておいてください。

約定金額が少ない場合には、各証券会社の『最小手数料』が適用される可能性があります。

それぞれの証券会社の最小手数料

SBI証券$0.00
マネックス証券$0.00
楽天証券$0.00
サクソバンク証券$5.00

こちらのグラフは一回あたりの投資金額に対して、どれくらいの手数料になるかを示しています。

米国株に投資するときの手数料を証券会社ごとに比較したグラフ
※SBI証券とマネックス証券の手数料は同一条件ですので、グラフではマネックス証券に隠れています。

ややこしそうなグラフですが、1ドル100円で計算したとき10万円を超えるかがポイントです。

約定10万円の場合

SBI証券450円
マネックス証券450円
楽天証券495円
サクソバンク証券500円

約定11万円の場合

SBI証券495円
マネックス証券495円
サクソバンク証券500円
楽天証券544円

10万円までなら大きな差はありません。

11万円を超えると、順位の変動も発生してきます。この時点で、楽天証券がもっとも手数料が高い証券会社になります。

10万円未満の取引が多いなら『SBI証券』か『マネックス証券』の手数料が有利になりますね。

口座開設&キャンペーン情報
SBI証券国内利用者が最大
楽天証券ポイント制度が充実
マネックス証券円建為替手数料が無料
サクソバンク証券海外株式に特化

米国株の手数料を投資額25万円で比較

つぎに高額な取引をする場合を考えてみましょう。

各証券会社では『最大手数料』が設定されていましたね。

▼それぞれの証券会社の最大手数料

SBI証券$20.00
マネックス証券$20.00
楽天証券$22.00
サクソバンク証券$15.00

サクソバンク証券の手数料は約25万円を超えると上昇を始めるため、この約定金額で比較しましょう。

約定25万円の場合

SBI証券1,125円
マネックス証券1,125円
楽天証券1,237円
サクソバンク証券500円

約定75万円の場合

SBI証券2,000円
マネックス証券2,000円
楽天証券2,200円
サクソバンク証券1,500円

なんだかサクソバンク証券が強い!

サクソバンク証券の最大手数料を迎える約定金額『約75万円』を確認してみても、もっともコストパフォーマンスが高いことが分かりました。

ということで、結論はこんな感じになりそうです。

米国株投資の手数料を抑える方法

  • 10万円未満:SBI証券かマネックス証券
  • 10万円以上:サクソバンク証券

米国株の手数料比較|SBIとマネックスどっちが良い?

10万円未満の取引が多いけど、どっちがお得なんだろう?

このような疑問が出てくるはずです。

手数料だけで検討するのは難しいので、サービス内容で考えてみるのが良いでしょう。

証券会社無料ETFサービス
SBI証券9NISA口座での米国ETFの買付手数料が無料
マネックス証券9円貨決済での為替手数料が0円 NISA口座での米国株の買付手数料が0円
楽天証券9手数料1%の楽天ポイント
サクソバンク証券0ほぼ全て米国株にリーチ可能

米国株ならマネックス証券が有利

米国株にフォーカスするとマネックス証券のサービスは非常に魅力的です。

円貨決済での為替手数料が0円

米国株に投資する際には、手元の円をドルに替える必要があります。わずかですが為替手数料が発生します。マネックス証券はこの為替手数料が無料です!

投資家からすると、日本円で米国株に投資ができますし、いちいち為替手数料を考える必要がありません。これはかなり便利なサービスです。

NISA口座での米国株の買付手数料が0円

SBI証券のNISA口座では米国ETFの買付手数料が無料ですが、マネックス証券は対象が『米国株』に広がります。つまり、NISA口座であるかぎりETF以外でも手数料が発生しません。

SBI証券は他のサービスが充実しているので、迷ってしまいますが、米国株だけで考えるとマネックス証券が有利に見えます。

≫ マネックス証券はこちら

米国株の手数料を比較|楽天証券のポイントはお得じゃないの?

楽天証券はポイントを考えるとお得じゃないの?

という疑問もあるはずですね。

結論、ポイント目的に楽天証券を利用するのは不要だと思います。

約定金額を意識したり、NISA口座を上手に利用することで、支払う手数料を減らすことができるからです。

わざわざポイントを貰うためだけなら、楽天証券を利用する価値はありません。

米国株の手数料比較|まとめ

最後にこの記事の内容をまとめておきますね。

どれくらいの約定金額の取引が多そうかで考える

  • 10万円未満:SBI証券かマネックス証券
  • 10万円以上:サクソバンク証券

10万円未満の場合、SBIとマネックスどちらが良いか?

サービス内容まで考えると『マネックス証券』が優秀

ご紹介した証券会社の特徴や開設方法をまとめた記事もあります。

ぜひご利用ください。

口座開設&キャンペーン情報
SBI証券国内利用者が最大
楽天証券ポイント制度が充実
マネックス証券円建為替手数料が無料
サクソバンク証券海外株式に特化

SBI証券の開設方法

サクソバンク証券の開設方法