投資のしかた ETF

《投資のしかた》社畜がETFへ投資をする前に知っておきたい『ETFの仕組み』

サムネイル 忙しい社畜のETF入門投資のしかた

ETFがそもそも何かわからないならこの記事から始めよう!

はじめに

本サイトでは、バイ・アンド・ホールドによる投資を推奨し、実際に運用も行っている訳ですが、そこそこの数のEFT銘柄をポートフォリオに組み合わせています。

例えば、日本たばこ産業(JT)のような高配当の個別銘柄に絞って投資を行う方が、高い利回りを追求できるのですが、それでもETFをポートフォリオに混ぜるメリットはどこにあるのでしょうか?

分かっているようで分からないETFの仕組みと投資効果について説明します。

 

ETFってそもそもなんだ?

ETFは、『Exchange Traded Fund』の略で日本語に直すと『上場投資信託』と呼ばれています。

投資信託』という言葉が含まれていますので、『あなたのお金を誰かに預けて運用してもらう』という種類の投資方法になります。

ETFはその多様性に注目がされています。一般的にETFは特定の指数の動きに連動するようファンドマネージャーが運用を行います。特定の指数には様々なものがあります。

  • 日経平均株価 NASDAQ などの総合指数
  • 債券 などの金融商品
  • 不動産(リート)などの現物資産
  • 金 などのコモディティ商品
  • ビットコイン などの仮想通貨

こういった特定の指数にベストエフォート値で連動するよう組み合わされたものがETFなのです。

 

ETFの最大のメリット

ETFを購入することで得られる最大のメリットについて説明します。

投資信託は個人投資家が集まってある商品を共同購入するというシステムで成り立っています。ETFのメリットはここにあります。

例えば、あなたが日経平均に採用されている225の個別銘柄を一括購入できるほどの財力があれば、自力で日経平均と同じリターンを生み出す投資対象の分散化ポートフォリオを組むことができます。ただ、それには莫大の資金が必要になりますよね?

更に、一括購入ができる財力があったとしても、継続的な追加購入がなければ、時間の分散化ポートフォリオを組むことができないのです。

共同購入を行うETFは少ない投資額で済むことが多いため、以下のメリットを生み出します。

ETF投資のメリット

  • 1回の投資金額が比較的少ない
  • 幅広い銘柄に投資できる(投資対象の分散化)
  • 購入する時期を分けることができる(時間の分散化)
  • 1人で買い付けを行う場合とETFを購入する場合の日経平均のリターンの目指しかたの違い
    ETF購入時に一人の投資家にフォーカスすると
    ①投資する金額は少なくてすむ
    ②時間の分散化が可能

     

    ETFは投資初心者や社畜サラリーマンの強い味方になる

    ここまでETFのメリットについて説明をしました。

    基本的にはファンドマネージャーが何かしらの指数に連動するよう運用を行いますので、『何かよくわらないけど、とりあえず投資すっか!!』という方や、『投資に興味があるし金もあるけど、時間がない!』という方、『投資経験も金も時間もねぇ!!』という方々、すべてETFによる株式運用で解決することができます。

    株式投資を行う人々の9割がマーケットの平均リターン以下の成績に終わるというデータもあります。これは購入した株式の評価額の減少、過剰売買による手数料負けなどいろいろな原因が考えられますが、例えば、日経平均の平均リターンを目指すETFを買い続ければ、常に平均前後のリターンを獲得できるため、あなたは負け組にならずに済むのです。

    ETFで実現可能な平均リターンの確保

    上の図は、新人証券マンのAさんからEさんの5人がそれぞれ自由に10種類の証券へ10口投資をした成績表です。この証券会社では、新入社員に投資のリターンを競うコンペティションを毎年行います。『10種類の証券の合計リターン以上で合格、また、個人の合計リターンが上位3位で特別賞』というゲームです。

    この投資ゲームには合格点を狙うための必勝方法が存在します。それはAさんのように合計リターンの母数を形成する証券すべてを均一に購入することです。

    仮に証券No(番号)とそのリターンの数値が同じだったとしましょう。(例えば証券No.5のリターンが5%、証券No.10のリターンが10%という感じです。)この場合の10種類の証券の合計リターンは1+2+3…+10=55となります。

    一見すると、 1つの証券に全力投資するDさんやEさんのようなリスキーな投資方法ではなく、BさんやCさんのように、やや分散化させてミドルリスク・ミドルリターンを狙う方法がコンペティションという枠組みで考えると良さそうに思いますが、これは初心者がハマりやすい落とし穴です。

    平均リターン以下の負け組投資家にならなければ、とりあえず合格という考えのもとでは『全部買い』が最も正しい投資方法になることがお分かり頂けたと思います。

    簡単に言えば、ETFを購入するということは、この『全部買い』を間接的に行っていることに等しくなります。

    ポイント

    ETFでは『運用成果を目指す指数』の平均リターン以下の成績にならない(常に合格点)

     

    ETFの注意点

    ここまで読んで下さった方の中には、ETFが魅了的な証券だと思われた方もいると思います。

    しかし、これからETFに投資をしようと考えている方に次のような注意点をお伝えしたいと思います。

    ETFは株価の値動きによって損を被ることがある

    平均リターンでは負けを知らないETFですが、通常の個別銘柄と同様に多くのプレイヤーが売買していますので、当然ながら値動きによって評価損が発生する場合があります

     

    出来高の少ないETFでは売買のタイミングを失いやすい

    日経平均やダウ・ジョーンズなどの総合株価指数と同等の成果を目指す定番ETFであっても、いろいろな証券会社から似たようなETFが販売されています。中には出来高の少ないETFも存在し、売買のタイミングが少ないものもありますので、直近の出来高を確認しましょう

     

    経費率が高いとその分リターンが目減りします

    ETFは投資信託の一種ですので、運用をお任せしているファンドマネージャーに手数料を支払います。これが経費率なるものです。一般的に年率1%未満のものが多いですが、日割り計算で毎日発生する費用です。あまり経費率を気にする必要はないと考えますが、同様のETFであっても、提供元の証券会社によって経費率が異なりますので、この場合は可能な限り安いを方を選ぶのが賢明です。

     

    さいごに

    社畜サラリーマンがバイ・アンド・ホールドによる投資をスタートさせるには、ハードルが高い部分がいくつか存在します。例えば、まとまった資金を用意できない、時間がない、投資のことが分からない、などなどです。

    当サイトは『平均リターン以上のそこそこの成果』を目指していますので、ポートフォリオをETF一色に染めることはできませんが、始めの第一歩としてETF投資はおすすめできます。

    個別のETF銘柄に関しては、少しずつエントリーしていきますのでご期待ください。

     

    コメント