LINE証券の初株チャンスキャンペーンで貰うおすすめの3株は?

LINE証券の初株チャンスキャンペーンで貰うおすすめの3株は?投資

LINE証券の口座開設で参加ができる初株チャンスキャンペーンでは、クイズの正解数に応じて最大3株の購入代金がもらえます。

非常にお得なキャンペーンですが、貰える株の種類も多くあり、このような疑問を感じている読者もいるのではないでしょうか?

株を貰えるのはうれしいけど、どれを選べば良いんだろう?

おすすめの3株を教えてください!

このような疑問を解決するため、投資歴11年の管理人(ほろほろ)が複数の視点から、おすすめの3株を紹介します。

なお、LINE証券の口座開設がまだで、最大3株の購入代金をもらっていない読者は、こちらの記事を読むことをおすすめします。

LINE証券の初株チャンスキャンペーンでおすすめの3株は?

最大3株分の購入代金でどの株がもらえるの?

「知らないマイナー企業の株を貰ってもなぁ…」と心配する読者も大丈夫です。

有名企業の株式を選べる

LINE証券の初株チャンスキャンペーンでは、こちらの銘柄から最大3株を選ぶことができます。

どれも有名な企業ですので、ここから選べるのは、やはりお得です。

とはいえ、この中からどれを選ぶのかが大切です。

コード企業名主力事業
1605国際石油開発帝石エネルギー
1808長谷工コーポレーション建築
1963日揮ホールディングスインフラ設備
2296伊藤ハム米久ホールディングス食品
3048ビックカメラ家電小売
3402東レ素材
3405クラレ素材
3407旭化成素材
3861王子ホールディングス製紙
4005住友化学化学
4188三菱ケミカルホールディングス化学
4689Zホールディングス情報通信
6113アマダ工作機械
6471日本精工工業機械
7201日産自動車自動車
7261マツダ自動車
7752リコーオフィス機器
8002丸紅商社
8253クレディセゾンクレカ
8306三菱UFJファイナンシャルグループ金融
9005東急鉄道
9831ヤマダ電機家電小売

2019年からスタートした初株チャンスキャンペーンでは、次々にプレゼント銘柄の対象が拡大しています。

今年、2021年におすすめできる銘柄を、シンプルですが強力なバリエーションの計測方法で考えてみたいと思います。

年間パフォーマンスを重視する場合

とにかく株価の値上がりを続けている銘柄に投資したい場合に参考になるよう、2021年の年間パフォーマンスを高いほうから順番に並べています。

この観点ですと、以下の銘柄が良い年間パフォーマンスを叩き出しています。

  • リコー【7752】
  • 三菱ケミカルホールディングス【4188】
  • マツダ【7261】
  • 丸紅【8002】
  • 国際石油開発帝石【1605】
  • 住友化学【4005】
  • 三菱UFJフィナンシャルグループ【8306】
  • 長谷工コーポレーション【1808】
LINE証券 初株キャンペーンのおすすめ銘柄 年間パフォーマンス順
年間パフォーマンスが高い順

配当利回りを重視する場合

LINE証券でも配当を受け取ることができます。

そのため、配当利回りを重視したい投資家も多いはずです。

配当利回りが高い順番に並べています。

その中で配当利回りが3%前後あるものはご覧のとおりです。

  • 三菱UFJフィナンシャルグループ【8306】
  • 長谷工コーポレーション【1808】
  • 国際石油開発帝石【1605】
  • クラレ【3405】
  • 丸紅【8002】
  • 住友化学【4005】
  • クレディセゾン【8253】
  • 日本精工【6471】
  • 伊藤ハム米久ホールディングス【2296】
  • アマダ【6113】
  • マツダ【7261】
  • 旭化成【3407】
LINE証券 初株キャンペーンのおすすめ銘柄 配当利回り順
配当利回りの高い順

安定感を重視する場合

投資の初心者なら「株価の変動を少なくしたい」と考える人もいるかと思います。

そういった場合はベータ値を参考にしても良いでしょう。

体感的にベータ値が『1.30』を超えると、株価にかなり揺さぶられます。

ベータ値が『0.70』未満ですと、ある程度ゆっくり変動しますが値幅が狙えないことを意味します。

これらは投資家によって、体感が変わりますので参考程度にして下さい。

  • アマダ【6113】
  • 日本精工【6471】
  • 東レ【3402】
  • 丸紅【8002】
  • 住友化学【4005】
  • 三菱UFJフィナンシャルグループ【8306】
  • クレディセゾン【8253】
  • 旭化成【3407】
  • Zホールディングス【4689】
  • リコー【7752】
  • クラレ【3405】
  • 三菱ケミカルホールディングス【4188】
  • 長谷工コーポレーション【1808】
LINE証券 初株キャンペーンのおすすめ銘柄 値動きの安定性順
ベータ値が高い順

総合的に判断する場合

以下の指標から総合的に判断してみます。

  • 年間パフォーマンス
  • 配当利回り
  • 値動きの安定感

その結果、バランスの良い銘柄は以下のとおりかと思います。

  • 長谷工コーポレーション【1808】
  • 三菱ケミカルホールディングス【4188】
  • リコー【7752】
  • 旭化成【3407】
  • クレディセゾン【8253】
  • 三菱UFJフィナンシャルグループ【8306】
  • 住友化学【4005】
  • 丸紅【8002】
  • 東レ【3402】
LINE証券 初株キャンペーンのおすすめ銘柄 総合的に判断
総合的に判断したもの

ここから3株選ぶなら、どれがおすすめですか?

年間パフォーマンスも配当も高ければ良いということはありません。

事業内容や業績を考えながら、全体的なバランスが取れているものは、こちらの3銘柄と考えます。

LINE証券の初株キャンペーンでおすすめの銘柄

  • 旭化成【3407】
  • 丸紅【8002】
  • 東レ【3402】

2021年7月25日時点の株価情報を元に、バリエーションを計算しています。

ほろほろ
ほろほろ

私ならこれに投資するという3銘柄を紹介してみました。

投資するタイミングでオススメできる銘柄は変わりますから、あくまでも参考までに!

こちらの画像は、私が3株を受け取った際のものです。

リスクゼロで、しっかりとLINE証券の投資を始めることができました!

LINE証券 初株チャンスキャンペーンで受け取った旭化成の株

LINE証券の口座開設から3株を貰うまで、追加の費用はありませんでした!

とても簡単ですので、まだキャンペーンに参加していない読者は、クイズの攻略手順も説明しているこちらの記事を読んでみてはいかがでしょうか。

LINE証券 バナー