10月も開催中!LINE証券で最大3株(3,000円)プレゼントキャンペーン実施中

SBI証券 外国株の買い方(購入方法)を解説【海外株式の手数料を減らす方法も提案】

スポンサーリンク
SBI証券 外国株の買い方(購入方法)を解説【海外株式の手数料を減らす方法も提案】投資
眼光の鋭い青色の小鳥

SBI証券で外国株の買い方が分からない人

「外国株式の取引方法が分かりません。SBI証券って国内株式しか取引できないの?総合口座を開設したのになんで?分かりやすい解説お願いします!」

こういった疑問にお答えします。

SBI証券の海外株式Q&A

Q. SBI証券は海外株式の取引できますか?
A. 可能です。

Q. SBI証券で総合口座を開設しましたが海外株式の取引画面が見つかりません。
A. 海外株式の取引には海外株式用口座の開設が必要です。

Q. 海外株式用口座は簡単に開設できますか?
A. 総合口座を持っていればすぐ開設できます。

Q. どの外国株式に投資ができますか?
A. 米国・中国・韓国・ロシア・ベトナム・インドネシア・シンガポール・タイ・マレーシアが対象です。(取り扱いしていない銘柄もあります)

Q. 海外株式にNISAは使えますか?
A. 可能です。しかし、海外での税金は非課税になりません。

外国株式のポイント

外国株式に投資するには、その国の通貨を保有しておく必要があります。

日本円での投資も可能ですが、SBI証券の交換手数料を節約するために、住信SBIネット銀行を経由する方法がおすすめです。

外国株式の中でも、とくに米国株は人気があります。そのため、この記事では米国株に投資するために『米国ドル』の準備方法も解説します。

スポンサーリンク

SBI証券 外国株の買い方(購入方法)を解説

それでは、SBI証券で外国株式を購入する方法を解説していきます。

ここでは、『外国株式口座の開設』から『外国株の買い方』までを手順ごとに説明します。

海外株式に投資するには総合口座が必要になります。

(総合口座とは、日本株を取引するのに使っているSBI証券の口座です。)

すでに申込みが完了していることを前提に解説をします。

まだ総合口座を持っていない人

SBI証券の口座開設がまだ済んでいない人は、こちらの記事をどうぞ。

SBI証券で外国株式に投資する手順
  • STEP 1
    SBI証券にログイン
  • STEP 2
    外国株式の口座開設
  • STEP 3
    申込みの手続き
  • STEP 4
    同意書の確認
  • STEP 5
    申込みの受付完了
  • STEP 6
    外国株式口座が開設されているか確認
  • STEP 7
    外国株式の取引ページに移動
  • STEP 8
    外国株式の銘柄検索を行う
  • STEP 9
    個別銘柄の取引ページに移動
  • STEP 10
    注文(取引)
ほろほろ
ほろほろ

SBI証券の総合口座を持っていれば、外国株式の口座開設はすぐに完了できます!

Step1:ログイン

Step1:SBI証券にログイン

まずは、SBI証券の総合口座(国内株式)にログインします。

SBI証券にログインしたら、右側の外国株式[開設]をクリックしましょう。

Step:2 海外株式の口座開設・取引の流れ

Step:2 海外株式の口座開設・取引の流れ

SBI証券で外国株式口座を開設するまでの流れを確認します。

その後に[今すぐ外国株式口座開設]をクリックします。

Step:3 開始手続き

Step:3 開始手続き

あなたが海外国籍でないか確認します。

問題なければ[同意して次へ]をクリックします。

Step:4 各種書面の確認

同意が必要な書面が3つ出てきます。

内容に問題がなければ[同意して次へ]をそれぞれクリックします。

次に進めない場合は、同意書をスクロールやPDFを開くなどのアクションが必要です。

Step5: 開始手続きの申し込み完了

Step5: 開始手続きの申し込み完了

これで申込完了です。

外国株式を取引するのに、外貨か円貨のどちらを利用するか選べます。

住信SBIネット銀行に外貨預金をされている人は外貨で直接投資ができます。

今回は外国株式の取引画面に進みたいので[今すぐ為替取引画面へ]をクリックします。

外貨を持っていなくても円預金があれば、その時の為替で投資できます。

Step6: 外国株式の口座開設ができているか確認

Step6:  外国株式の口座開設ができているか確認

SBI証券のホーム画面に戻ってみましょう。

外国株式の口座が開設されていれば、外国株式[取引]に変わっているはずです。

その後に[取引]をクリックします。

Step7: 外国株式の取引画面

Step7: 外国株式の取引画面

こちらが外国株式の取引画面です。

画面の上部に[銘柄 or ティッカー]の検索バーがあります。

Step8: 銘柄を検索

Step8: 銘柄を検索

例えば【SPYD】に投資するならティッカーを画像のように入力します。

そして右の[検索]をクリックします。

目当ての銘柄(ティッカー)を入力しても、検索にヒットしない場合

検索方法を「を含む」に変更して、もう一度試すことをおすすめします。

Step9: 個別銘柄の画面

Step9: 個別銘柄の画面

取引画面はこんな感じになっています。

投資を行うには赤枠内の[買付売却定期]から取引内容を選びます。

今回は[買付]をクリックしてみました。

ちなみに、取引画面では有益な情報を見ることができます。

SBI証券の取引画面で見れる情報

  • 株価
  • チャート
  • 銘柄情報
  • 分配金履歴

Step10: 注文入力(買付)

Step10: 注文入力(買付)

これが最後のステップです。

株数:注文する株式の枚数を入力
株価:指値は希望金額を入力します。成行は現在値前後で約定します。
期間:注文の有効期限を設定します。
預り区分NISA預りにすることで買付手数料が無料になります。
決済方法:外貨預金があれば→外貨決算/なければ→円貨決済

取引パスワードを入力して[注文確認画面へ]をクリックします。

▶次の確認画面で[注文]を確定すれば完了です。

ほろほろ
ほろほろ

SBI証券で米国株(外国株)に投資することができました!

思っていたより簡単ですね!

スポンサーリンク

SBI証券で海外株式の手数料を減らす方法

せっかくSBI証券で外国株式への投資に挑戦するなら、手数料を減らすことにもチャレンジしませんか?

外国株式は普通に売買すると手数料が高いです。

手数料を減らすことができれば、その分だけ投資のパフォーマンスが良くなります。

SBI証券は外国株式の手数料を減らせる仕組みがあります。

外国株式の手数料を減らす方法

  • SBI証券でNISA口座を開設
  • 外国株のETFをNISA枠で取引する

参照元:SBI証券:NISA手数料(国内株(売・買)および海外ETF(買)


これだけで手数料を無料にできます。

売却時には手数料がかかる

NISA枠で買った外国株式も売却時には手数料が発生します。
中長期目線で投資する海外株式にはぜひNISA枠を活用してみて下さい。

株式投資におすすめ証券会社9選の手数料を比較【選び方も提案します】でご紹介しているとおりですが、SBI証券は手数料が非常に魅力的です。まだ口座開設をされていなければ検討してみて下さい。

≫ SBI証券の開設はこちら

初心者の方でしたら最初にできる努力が『手数料を減らす努力』だと割と本気で思います。

管理人よりコメント

記事を読んで頂いてありがとうございました。

SBI証券に関係する記事を下記にまとめておきますので、お役に立てそうなものがあればご利用ください。