LINE証券のメリットはある?【利用して分かったメリット7選】

LINE証券のメリットはある?【利用して分かったメリット7選】株式投資
眼光の鋭い青色の小鳥

LINE証券のメリットが気になる人

「LINE証券を利用して投資を始めてみようかな?でもLINEって通話アプリがメインだったような?わざわざLINE証券を利用するメリットってなんだろう?すでに利用している人の声が聞きたいなぁ〜」

こういった疑問を解決します。

本記事の内容

  • そもそもLINE証券って何?
  • LINE証券のメリット7選
  • LINE証券を利用するべき人
  • 経験者にLINE証券は不要か?

私が実際に利用して感じたメリットを箇条書きにしました。
後ほど1つずつ解説をしていきます。

LINE証券の主なメリット

  • 単元未満株に投資ができる
  • 資金が少ない人でも投資ができる
  • 手数料は比較的安い
  • ポイントを使って投資ができる
  • 夜間の取引が可能
  • LINEアプリで操作が簡単
  • 口座開設がとてもスムーズ
スポンサーリンク

LINE証券のメリットは?

この記事の信頼性

この記事を書いているinvestfrom30の管理人は、実際にLINE証券に口座開設をして売買を行いました。

実際のポートフォリオの画像

この画像は初株キャンペーンで無料でもらった3株が入ったポートフォリオ画面です。
私は旭化成を2000円分ゲットしました。

この記事で解説するLINE証券のメリットは、実際に利用して感じたことを中心にしています。
LINE証券の利用を検討する材料にして頂ければと思います。

LINE証券で開催されるキャンペーンを利用すると、投資パフォーマンスを一気に上げることができる場合があります。

キャンペーンの豊富さもメリットかと思いますので「LINE証券のキャンペーンが凄い!【成績を一気に上げる裏技】」の記事でチェックしてみて下さいね。

そもそもLINE証券って何?

そもそもLINE証券が何かよく分からないという人は「LINE証券とは?【ライン証券に口座開設する方法も解説】」の記事をご覧下さい。

LINE証券とは?(簡単に解説)

LINE証券は皆さんのスマホにもインストールされている通話アプリLINEで利用できる投資サービスです。

おおよその特徴はご覧のとおりです。

  • LINEアプリから投資ができる
  • 少額投資ができる
  • 1株から投資できる
  • 日中や夜間にも取引ができる

これから投資を始めようと考えている初心者の方ならLINE証券を有効活用できます
合わせて、経験豊富な方ならではの使いどころも解説をしていきます。

単元未満株に投資ができる

LINE証券の最大のメリットは単元未満株に投資できる点かと思います。

単元株と単元未満株の違いを比較したイメージ

単元未満株とは?

単元未満株とは1株のことを意味していまして、後ほど解説する少額投資に繋がってきます。

通常の投資は単元株といって100株を1セットとして取引を行います。
例えば、トヨタ自動車であれば1株6000円前後しますので、6000円×100株=60万円の資金が必要になります。

こんな大金を準備できる人は少ないかと思います。
投資では資金不足がハードルになることがあるんです。

この資金不足の問題を解決するのが単元未満株です。
単元未満株は1株から投資ができますので、先ほどのトヨタ自動車であれば6000円の準備資金があればOKです。

これならお金が少ない人でも投資に参加することができますね!

資金が少ない人でも投資ができる

単元未満株を利用できるLINE証券であれば、結果的に少額投資をすることができるようになります。

大切なのは資金力だけじゃない

投資をするならお金がある方が有利になると感じますが、資金力がすべてではありません

例えば「投資によって資産運用をしていきたい。将来のお金を準備したい」と考える場合には、資金力もそうですが時間を有効活用すると良いです。

LINE証券で投資した1株も立派な株式ですので、値上益や配当を得られることがあります。
そういった利益を他の金融商品に再投資していくことで、再投資した商品からも配当が発生します。

資産運用における複利効果のイメージ

このような「配当が配当を呼ぶ」状態を複利効果と言いまして、たとえ少額投資であっても時間をかけると大きな資金になる可能性が十分にあります。

手数料は比較的安い

投資や資産運用で大切な手数料(コスト)もLINE証券は良心的です。

1株単位(相対取引)

1株単位(相対取引)は売買時にスプレッドが計上される料金体系になっています。

また、LINE証券を利用する時間帯によってスプレッドのパーセンテージが変わりますので、日中の取引の方がお得です。

  • 日中 → 0.05%
  • 夜間 → 0.5%

例えば、お昼の時間に現在値100円の株式を20株購入する場合で考えます。

スプレッドのイメージ

この時のスプレッドは0.05%ですので購入金額は100.05円で表示されているはずです。

つまり、「20株×0.05円=1円」がLINE証券に支払う手数料です。

単元未満株の手数料が安い

この料金設定は良心的かと思います。

単元未満株で少額投資を利用するなら、平日の昼間にLINE証券を利用することでコストを抑えることができます。

100株単位(取引所取引)

100株単位(取引所取引)の売買では購入手数料が無料です。
利用者は売却時のみ約定金額に応じた手数料を支払うことになります。

  • 5万円以内 → 99円
  • 5万円超10万円以内 → 176円
  • 10万円超20万円以内 → 198円
  • 20万円超50万円以内 → 484円
  • 50万円超100万円以内 → 869円
  • 100万円超150万円以内 → 1,056円
  • 150万円超3,000万円以内 → 1,661円
  • 3,000万円超 → 1,771円

100株単位の手数料も一般的な証券会社に比べて安いと考えられます。

ただし、ネット証券などを上手に利用するほうが更にコストを抑えることができますので、私ならLINE証券を単元未満株の取引にだけ利用するかなという感想です。

ポイントを使って投資ができる

LINE証券はLINEポイントを利用して投資することもできます。

LINEポイントはどう貯まる?

最近ではLINE Payの支払いでポイントが貯まります。
清涼飲料水などを購入するとLINEポイントがもらえるラベルが付いた商品をよく見かけませんか?

私だけかもしれませんが、以前に比べてTポイントよりLINEポイントの方が知らない間に貯まっている印象を受けます。

ちょこちょこ貯まるLINEポイントを投資するのも良いかもしれません。
すでにLINEポイントをたくさん保有している人なら、実質無料で投資を始めることもできそうですね。

夜間の取引が可能

通常の株式投資は平日の9時から11時30分(前場)と12時30分から15時(後場)の間に取引を行います。

サラリーマンや学生なんかですと忙しい時間帯に取引をする必要がありますね。
私もサラリーマンをやっていますので、日中(ザラ場)の取引に参加することができません。

LINE証券では夜間取引(17時から21時)が可能ですので、日中は無理だけどリアルタイムで取引したい方にはおすすめです。

1株(相対取引)でも約定しやすい

LINE証券の夜間取引が優れていると感じる点は、1株の取引であってもそこそこ早く約定(売買締結)する点です。

他の証券会社でも夜間取引を提供していることがありますが、1株(相対取引)ですと約定しないなんて日常茶飯事です。

このあたりは単元未満株の投資戦略に有効活用できそうです。

LINEアプリで操作が簡単

実際に相対取引(1株取引)を利用してみて、操作性が非常に良いと感じました。

私の場合はLINE PayとLINEポイントからLINE証券に入金を行いました。
それぞれ1分もかからず入金できましたし、入金から購入まで合わせて3分ほどでした。

投資アプリでよくある、難しい専門用語が出てきて「このまま進めて大丈夫なの?」というトラブルもありませんでした。

いろいろな証券会社のアプリを利用してきた経験から言いますと、LINE証券はより直感的な操作ができると感じます。

口座開設がとてもスムーズ

投資をするには専用口座を開設する必要があります。
一般的な証券会社で口座を開設すると申込から入金完了まで最短で3日、長ければ14日くらいの日数が必要な場合もあります。

せっかく投資を考えているのに、こういった待機時間は無駄に感じてしまうものです。

マイナンバーカードがあれば爆速

LINE証券はLINEアプリと「マイナンバーカード + 運転免許証」など本人確認書類が手元にあれば5分くらいで口座申込の作業が終わります。

私の場合は申込の翌日から取引することができるようになりました。
入金もLINEウォレットからできますので、非常にスムーズです。

口座開設の方法はこちらで解説します

LINE証券を利用するべき人

このようなLINE証券のメリットを最大限に受けられる人の特徴を解説します。

  • 投資資金が少ない人
  • 投資の勉強をしたい初心者

投資資金が少ない人

まず手元の資金が少ない人はライン証券の利用を検討すると良いでしょう。

単元未満株を安い手数料で利用できるライン証券は、上手に使えば資産運用に有効活用ができます。

重要なことなのでもう一度言いますと、投資による資産運用で大切なことは資金量と同じく『時間』です。

投資の勉強をしたい初心者

「よし!投資でお金を増やそう!」と思ってすぐに良い結果を出せるほど投資や資産運用は簡単ではありません

投資で得られるリターン、それによって被るリスクのバランス感覚は、実際に投資をしてみないと理解できないところもあります。
自分に合った投資スタイルを把握するなら尚更です。

投資信託などの外部サービスを利用すれば、投資の知識や経験は不要だという考えもあります。
しかし、それでは人の言いなりになってしまいますし、投資パフォーマンスがすぐに限界に達します。

今後、ますます個人での資産運用が求められる時代になってきます。
LINE証券の少額投資を利用して、リスクを最小限にしながら投資を体験するのは理にかなっているかもしれません。

ここまで読んでメリットを感じるなら

経験者にLINE証券は不要か?

ここまでLINE証券のメリットを解説してきました。
全体的にまとめるとLINE証券は初心者に向いている投資サービスと考えられます。

すでに投資や資産運用の経験があり、安定したパフォーマンスを出せている人がわざわざLINE証券に変える必要はなさそうです。

余った資金をLINE証券に回す

一方で、投資の知識と経験を少額投資で活かしたいという場合には、LINE証券を検討する価値があると思います。

私の場合は毎月10〜15万円ほど積立投資しているのですが、予算ピッタリに投資するのは難しいです。

とはいえ、単元未満株の利用手数料は安くはありません。
今まで躊躇してきたところもあります。

LINE証券の単元未満株の手数料は比較的安いと思われますので、今後の投資戦略に取り入れていこうと考えています。